大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月10日更新

LINEで謝るのはNG?ラブラブが長続きする仲直りの仕方

LINEで済ませるのはNG?ラブラブが長続きする仲直りの仕方

仲の良いカップルでもケンカをしてしまうことはあるでしょう。どのように仲直りすれば良いのか悩みますよね。関係を悪化させず仲が良い状態を長続きさせる仲直りの方法について解説していきます。

素直に謝る

自分に悪い所があったと思う場合は、素直に謝るのが良いでしょう。この時に重要なのは、何が悪かったのかをはっきり伝えることです。適当な謝り方では、彼氏の方はどうしてケンカになったのか理解していないと感じてしまい、余計に怒らせてしまいます。

「こういう所が悪かったから次からはこうする」と言ったように、原因と対策を伝えるようにしましょう。彼女が謝ると「自分が言った通りだ」と上から目線になる彼氏は多いですが、今後の話に持っていくと彼氏も勝ち誇らなくなります。

許すという基準を伝える

相手が悪かった場合は、埋め合わせを求めるのが良い方法です。相手に怒りの気持ちを伝えながらも、こうしてくれたら許すという基準を設けます。たいしたケンカでなければ飲み物やお菓子であったり、大きな悪さであったら食事やバッグであったり、程度に合わせて要求してみるのが良いでしょう。

代わりのものを求めることで、相手を責める気持ちも減りやすくなり、仲直り後も良い関係が続きやすくなります。

電話を使って謝る

仲直りしようと思っても相手の顔を見てしまうと中々謝れないという方は、電話を利用するのがおすすめです。

対面では相手の表情が目に入ってしまい素直になれなくなる場合でも、電話越しなら冷静になりやすく、落ち着いて話をすることができます。LINEでも良いと思うかもしれませんが、感情が伝わりづらいのが欠点です。声色から感情が分かる電話を通して、話をしてみてください。

過去の話をしない

ラブラブな状態を続けられる仲直りの仕方の秘訣は、過去を蒸し返すことなく未来を意識した話をすることです。「前もこうだった」などと過去の話を持ち出そうとすると、余計に空気が悪くなりますし、落ち着いた話し合いもできなくなります。

仲直りの際は将来の話をするのが大切です。同じようなことでケンカを繰り返さないためにも、これからを見据えた対策をとることで関係を悪化させることなく仲直りができます。

上手く仲直りして絆を深めよう

ケンカしてしまっても上手く仲直りすれば、ラブラブで居続けることができます。自分に非があるか相手に非があるかでやり方は変わってきますが、できるだけ未来を意識して話をするのが重要です。対面では素直になれないのなら電話を通して仲直りしましょう。しっかり仲直りできれば、絆も深まるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。