大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百五十七回目。
2021年05月07日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百五十七回目。

それでも恋がしたいんだ!/西山繭子

 

ビル・ゲイツ離婚のニュースに、アップを始めた西山です。決してお金目当てではありません!紀州のドンファン事件同様、そこには愛しかありません!昔から好みのタイプといえばビル・ゲイツ。抱かれたい男といえばビル・ゲイツ。寝ても覚めてもビル・ゲイツ。その彼が独身になった今、チャンス到来であります。もう一度言いますが、決してお金目当てではありません。もちろん彼がビリオネアだというのは知っています。「サッカー選手だって知らなかったんですぅ」と言ってJリーガーと結婚するような姑息な手は使いません。ただただ、純粋に彼を愛しているんです。隣にいて毎日眼鏡をふいてあげたいんです。

 

とはいえ資産14兆円というのは、どんなものだろうか…。昨日スーパーで特売のあまり2箱買ってしまったパルムに換算すると何と466億箱。それを世界総人口で割ると、世界中の人にパルムが6箱いきわたる計算になります。パルムは6本入りなので、1人36本!おなか壊す!でも幸せ!私のビルは、それだけ世界の人の幸せにできるってことなのね。ますます惚れてしまいます。

 

しかし、まずはどうお近づきになるかが問題です。軽井沢に別荘があるようですが、パンデミックの今、そこで待ち伏せをしていても仕方がない。やはりここは心を打つ手紙をしたためようと思います。英語のラブレターなんて、30年前にニューキッズオンザブロックのメンバーに書いて以来でしょうか。ちなみに今年7月、彼らのコンサートが地元ボストンのフェンウェイパークで盛大に行われます。昨年から行く気満々でチケットもおさえていたのですが、今の様子では渡米は難しいようです。くう、コロナめ。

 

そんなやるせなさも含め、全ての想いをビルへの手紙に綴りたいと思います。これでも物書きですからね、文章を書くのは得意です。ドラえもんの『もはん手紙ペン』の力を借りずとも大丈夫。これは物心ついた時からで、作文や感想文を書くのが大変だと思ったことがありません。書くというのは、私にとっては昔から寝食同様、ごく自然な行為。

 

しかし昨今、これが出来ない人が非常に多いようです。先日も仕事で同僚から、作成した資料に赤入れをして欲しいと渡されたのですが、内容以前に日本語として支離滅裂で、友人にあてたLINEじゃないんだからという言い回しがあったかと思ったら、軍事協定のような文言があったりと、大袈裟ではなく読んでいて吐きそうになりました。しかし彼はどこが問題なのかすらわからないようで、もうどうして良いのやら。

 

「文章とはこういうものだよ」というのを説明するために、このコラムを教えてあげようかと思いましたが、文章よりも「西山さんってヤバい人だな」の方に目が向いてしまいそうで躊躇しています。だってビル・ゲイツにラブレターを書こうとしている43歳ですよ。あ、でもそんなヤバい人に近づきたくなくて赤入れとか頼まれなくなるかも。つまり煩わしい仕事が減る。最高じゃないか。よし、その浮いた時間をつかってせっせとビルに手紙を書こう。そして世紀の玉の輿婚だ。あ…、決してお金目当てでは、もごもご…。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百五十七回目。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。