大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚は諦めた方がいい?彼氏としては最高でも夫には向かない男性...
2021年05月15日更新

結婚は諦めた方がいい?彼氏としては最高でも夫には向かない男性のタイプ4つ

いい人でもNG!「結婚は諦めた方がいい」男性のタイプ

好きな人ができたり、好きな人と付き合うことになったら、「この人と結婚したい!」と考えてしまいますよね。

しかし、いざ結婚となると毎日の生活になるので、相手のこれまで好きだと思っていたところが裏目にでてしまうこともあります。そこで今回は、「彼氏には良くても夫には向かない男性のタイプ」について紹介していきます。

1. 趣味が多い

多趣味な男性は、知識が豊富で会話の引き出しも多く、魅力的に見えますよね。そんな彼と付き合っていると、新しい世界を知ることができたり、学ぶことが多かったりと、たくさんのメリットがあります。

 

しかし、趣味には道具を揃えたり、チケットを購入したり、課金したり、外出したりとそれなりに出費がかさむことも多いです。そのため、多趣味の男性と結婚すると、家計から趣味にかかる費用も捻出しなければなりません。

 

結婚生活には何かと出費はかさむもの。将来のための貯蓄も必要となります。お互いの収入の範囲内でできる趣味であれば良いかもしれませんが、趣味が多ければ多いほどかかる費用は倍。

そこで男性の趣味に口を出そうものなら、夫婦であっても喧嘩に発展することは必須なので、多趣味の男性は実は彼氏までに留めておくべき相手なのです。

2. 親と仲が良すぎる

家族を大切にする男性は、素敵ですよね。自分の家族を大事にする男性なら、相手や相手の家族も大切にしてくれると思ってしまいますよね。

結婚すると必然的に彼の実家と関わることは多くなります。親と仲が良く頻繁に交流がある男性と結婚すると、自分も同じように交流しなければならないケースが多くなります。

 

自分も彼の親が大好き!という場合は苦にならないかもしれませんが、どんなに仲が良くても義理の親となると多少なりとも気を遣う必要がどうしてもでてきます。

その場合は、男性の親との仲の良さが結婚生活のストレスになってしまうこともあるので、結婚相手となると実は注意したいタイプなのです。

3. それなりにモテてきた

これまでそれなりにモテてきた男性は女性の扱いに慣れているので、彼氏であればリードしてくれたり頼りになったりと、付き合っていて楽しい相手です。しかし、好きな人に好かれることではなく、「女性からモテる自分」が好きなタイプには要注意です。

 

そういったタイプの男性は、女性に好意を抱かれることで自分に自信をつける人が多いです。結婚しても「男として求められている」というプライドを保つために、女性との出会いを求めたり、隙を見ては浮気をする可能性が高いです。

4. 服装やインテリアにこだわりがある

おしゃれで服やインテリアが好きな男性は、女性からモテる場合も多いですよね。彼氏としても見栄えが良く、友達から「彼氏かっこいいよね」と羨ましがられることもあります。しかし、おしゃれな男性は結婚するにあたっては実は注意が必要な相手。

結婚をして生活を共にするときは、そのおしゃれや生活空間に対するこだわりが不仲の原因となることがあるからです。こだわりが強い人は、相手の意見と合わないとき、自分の意見を優先しがちになるので、男性に無理して合わせるような状況が多くなってしまうでしょう。

 

また子どもができた場合は、より意見がぶつかることも多くなるでしょう。子どもの服や持ち物、家具などは、デザイン重視よりは機能性重視にするなど、子どもに合わせて変えなければならないことが多くなってくるからです。

「別に何でもいいよ」と変化を受け入れられる男性ならば良いのですが、こだわりが強い男性の場合は、その変化を受け入れることが難しいのです。今まで自慢に思えていた部分が、喧嘩やすれ違いの原因になってしまうことがあるのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚は諦めた方がいい?彼氏としては最高でも夫には向かない男性...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。