大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月11日更新

彼氏の性格が悪いんです【ひかりの恋愛相談室】

ひかりの恋愛相談室

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

人の性格は簡単には直りません。本人に強い意思がない限り難しいものです。もし、難のある性格をもつ相手を好きになってしまったときは、どうしたらいいのでしょうか?

Yさん・38歳

彼氏の性格が悪いんです【ひかりの恋愛相談室】1

3年ぶりに彼氏ができました。イケメンで頭が良くて、話していて楽しいことも多いのですが、根本的に性格が悪いんです。

神経質で、細かいことを気にしてダメ出ししてくるし、すぐに怒って感情的になるし、器も小さいです。だから、彼は友達がほとんどいません。このまま付き合って、結婚してもいいのか、考えてしまいます。どう思いますか?

Yさんへの回答

Yさんが我慢できればいいのかもしれませんが、“「性格が悪い」と思っている相手”とずっと付き合い続けるのは、意外と難しいかもしれません。

付き合いはじめはラブラブなので、うまくいくかもしれませんが、長く付き合い続けると、「男女の関係」以上に「人間同士の付き合い」になってくるので、「人として惚れている」ほうがいいんですよね。それこそ、もしYさんが男だったら、「彼と友達になっている」と思えるかどうかですよね。

だから、短期間の恋愛だったらいいかもしれませんが、長く続く結婚を目指すのであれば、相手は彼ではないかもしれません。

 

もちろん人それぞれ、「性格が悪い」と思う部分は違うので、人によっては、神経質でダメ出ししてくるところも、些細なところで怒ることも、器が小さいことも、気にしない人はいるかもしれません。

でも、Yさんはそこが気になっていて、「性格が悪い」と思っているのであれば、彼との関係に将来性はあるかどうか、ですよね。

人は簡単には変わらない 

彼氏の性格が悪いんです【ひかりの恋愛相談室】3

多くの人が、「彼のこういう性格が直ってくれればいいのに」と思うものですが、人は簡単には変わりません。しかも、今は彼がダメ出しをしたら、素直にYさんが聞いてくれる状態であるなら、なおさら彼は「この性格でいいんだ」と思ってしまうところもあるでしょう。

 

世の中の“すぐに感情的になるパートナー”がいる人の多くは、相手が怒ると面倒なので、だんだん相手の気分を逆なでしないために、自分が我慢をしてしまいがち。そうすると、どんどん自分らしさを失ってしまったり、怒られてばかりいることで自己肯定感が低くなってしまったりすることがあります。

Yさんは「ダメ出し」という表現をしていますが、ひょっとしたら「モラハラ」である可能性もありますしね。

同じような状況の女性は意外といますが、そういう人ほど、いざ別れると、「ほっとする」こともあるようです。付き合っている時は、彼に合わせ、嫌われないように自分を押し殺してきたことに気づくからです。

 

だから、Yさんの彼がどれくらい性格が悪いのかは分かりませんが、「一緒にいるときに、自分は自分らしさを失っていないか」というのは、俯瞰して見たほうがいいし、本当に彼と長く付き合いたいと思うのであれば、自分が言いたいことは、それなりにははっきり言えるようになったほうがいいと思います。

それで彼と喧嘩になって、うまくいかないようであれば、たとえ結婚したとしてもうまくいかないでしょう。

 

それこそ、結婚したら、簡単には離婚できなくなります。世の中には「自分は我慢の限界に達し、離婚したいと思っても、夫が同意をしてくれなくて、苦しんでいる妻」は少なくありません。だから、「本当に彼と結婚したら幸せになれるのか?」は冷静に考えたほうがいいのです。

「結婚できるチャンスは、これが最後かもしれないから」なんて思って、早まることはしないほうがいいし、やはり、できることなら、“一生もの”だと思える結婚をしたいものですしね。当たり前ですが、「別れるかどうかわからないけど、とりあえず結婚しよう」なんていうのは、やめたほうがいいでしょう。

「今後、どうしたいのか」を考えると、やるべきことが見える 

彼氏の性格が悪いんです【ひかりの恋愛相談室】2

Yさんは今後、どのような将来のビジョンを持っているでしょうか。もし、結婚して、子供が欲しいと思うのであれば、まだ年齢的に、子供ができる可能性はあるかもしれません。だからこそ、今、将来性を感じない恋愛をしているのは、時間がもったいないこともあります。

 

ただ、Yさん自身が、まだ結婚よりも恋愛をしたがっているから、“今の彼のような相手”を選んでいる可能性はあります。リアルに結婚を想定して、相手選びをする場合は、「共に人生を歩めそうな(性格がよくて、信頼できる)相手」を恋人に選ぼうとすることも多いからです。

だから、まだ恋愛したい段階なのに、結婚に最適な相手が現れても、好きにならないこともあるかもしれないし、恋愛がしたい時期は、恋愛をしていたほうがいいこともあります。結婚した後、恋愛をしたくなってしまっても、できないですしね。

 

別に、本当にYさんが心から望むのであれば、「苦労するのを分かった上で、その性格に難のある彼と結婚する」のでもいいのです。本当に、そこまでの「覚悟」があるなら、結果がどうであれ、自分の人生に納得できるでしょうし、とことん相手と関わらないと終われない関係もありますしね。

たとえ離婚しても、その人の人生は失敗ではありません。その人がそういう人生を望んだのであれば、「その人にとっては大事な経験」なのだと言えます。とはいえ、個人的には、今回の彼はオススメしませんが(苦笑)。

 

だから、もし本当に「彼がいい」のであれば、籍を入れる前に、試しに同棲期間を設けてみるのもいいかもしれません。「彼と一緒に住んだら、どうなるのか」をリアルに経験することで、見えてくることもあるでしょう。たまに会っているような関係だから我慢できることも、一緒にいたら我慢できなくなることもあるでしょうし。

 

恋は人を盲目にさせるものではありますが、冷静に彼との関係を見る目をもって、自分なりに納得する選択をしてみてはいかがでしょうか。

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの“子供おばさん”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。