大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 一歩踏み込んだら沼だわ…女性が出会った「危険な男」エピソード
2021年06月07日更新

一歩踏み込んだら沼だわ…女性が出会った「危険な男」エピソード

一歩踏み込んだら沼だわ…女性が出会った「危険な男」エピソード

アイドルやアニメなど、趣味に使われることが多い「沼にハマる」という表現。

でも身近な男性を好きになり、沼から抜け出せなくなってしまうこともあるはず。

そこで今回は「女性が出会った『危険な男』エピソード」を、ご紹介します。

初対面から気に入ってくれる“ハイスぺ男”

・「友達に誘われていったパーティー。そこでなぜかとあるハイスペ男子に興味を持たれました。初対面から気に入ってくれて、私だけ呼び捨て。困惑したものの悪い気はしませんでしたね。

その後も毎日LINEが来たのですが、やはりほかに女がたくさんいたみたいで。でも私にも変な独占欲が生まれちゃって、彼の1番になりたいって思うように。彼の前ではイイ女を演じているけれど、内心嫉妬しまくりでツラかったです」(32歳/広告)

 

最初にグイグイ来られて、チャラ男から抜け出せなくなるのはあるあるかもしれませんね。彼と離れたいけれど、好きだと言ってくれているのも事実。だからこそ「いつか変わってくれるのではないか」と信じてしまうようです。

かわいい顔しておねだり上手の“年下男子”

・「5つ下の、かわいいルックスの男子と付き合ったことがあります。私のほうが年上ということもあり、食事は奢ってあげていたんです。それで味を占めてしまったのか、頻繁におねだりをしてくるようになった。私も生活に余裕はないのですが、『これ買って~?』って言われちゃうと断れないんですよね。最後はブランド品まで買ってあげていました」(33歳/一般事務)

 

イケメンを自覚していて、女性をATM代わりに使ってくる男性。彼の言いなりになっていると、お金がどんどん吸い取られてしまいます。百歩譲って彼から愛されているならまだしも、そうじゃないなら心も財布も苦しいだけですよね……。

何をしても全然怒らない“優しすぎる彼氏”

・「元カレは私が遅刻しようがワガママを言おうが、全然怒らない人でした。傍から見たら『いい彼氏』なのでしょうが、当時の私は物足りなくなってしまって。それで嫉妬させるために、わざと浮気を繰り返していました。

それでも彼は怒るどころか、なぜか謝ってくる。私もどうしたらいいのかわからなくて、『そうじゃないの! 私を責めてよ!』と怒鳴っていました。かなり情緒不安定だったと思います」(30歳/住宅)

 

自分を見失ってしまうのも、ある意味沼にハマっていると言えるのかもしれません。特に彼の優しさが不安の原因になることもあるようです。ある程度喜怒哀楽が見えたほうが、女性も彼を試そうとは思わないのかもしれませんね。

 

一度ハマってしまうとなかなか抜け出せない沼。だからこそ「この人何となくヤバそうだな……」と思ったら、早めに引き返すようにしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 一歩踏み込んだら沼だわ…女性が出会った「危険な男」エピソード
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。