大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月14日更新

「男としては見れない…!」男友達に告られたときの対応とは

「男としては見れない...!」男友達に告られたときの対応とは

恋愛対象として意識していない男友達から告白されたら、あなたはどうしますか?
どう対応したらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、男友達に告白されたときの対応についてご紹介します。

1. 正直に気持ちを伝える

男友達から告白されたら、恋愛対象としては見られないことを正直に伝えましょう。
誤魔化したりはぐらかすのは、勇気を出して告白してくれた相手に対して失礼になります。
無駄な期待を持たせてしまうことにも繋がるので、きっぱりあなたの気持ちを伝えることが大切です。

2. 人として尊敬していることを伝える

告白を断られた男性は、ショックを受けるでしょう。
そんな男性の傷ついた心を少しでも救うために、人としては尊敬していることも伝えてあげましょう。
人間的に魅力があるから友達として関係を築いていたのです。
その気持ちもきちんと伝えてあげてくださいね。

3. もう会わないようにする

それでも男友達があなたを諦めきれない様子なら、辛いですがもう会わないようにするのも相手のためです。
ズルズル会い続けることで、余計に男友達はあなたへの思いを募らせてしまいます。
前に進んでもらうためにも、ときにはあなたのほうから関係を断つことが必要になります。

4. 感謝の気持ちを伝える

告白をするときは、男女問わずとても緊張し勇気を出して行動を起こしています。
その気持ちを汲み取って、感謝の気持ちを伝えましょう。
男友達は、恋愛が成就せず悲しんでいるはず。
その悲しみを少しでも和らげるためにも「伝えてくれてありがとう」の気持ちをしっかりと言ってあげてくださいね。

 

今回は、男友達に告白されたときの対応についてご紹介しました。
恋愛対象として見られないことをきっぱり伝えたり、人としては魅力的で尊敬していることを伝えることが大切です。
ときには、お互いが前に進むために関係を断つことも必要かもしれません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。