大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月17日更新

今はいいけど…将来「別れる要因」になる危険な言動7つ

今はいいけど…将来別れる要因になってしまう危険な言動7つ

トラブルが起こった時、振り返ると過去の出来事が要因になっているケースは珍しくなく、そんな時は「あの時〇〇しておくべきだった」と後悔するものです。これは恋愛にもいえることで、付き合った時のある言動が、後の別れの要因になってしまうことがあるのです。

そこで今回は、一見何も問題なく思えても、将来の別れの要因になりかねない言動について記事にまとめます。彼氏と付き合ったばかりの女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 連絡のルールを作る

連絡のルールを作ることで、彼氏の中であなたへの連絡に対する気持ちに変化が起こり、「連絡したい」ではなく「連絡しなければならない」と思うようになります。このように義務的な感覚になると連絡することが楽しくなくなり、やがては面倒くさくなってしまうのです。

そうなるとコミュニケーションが上手くとれなくなり、衝突する機会が増えてしまうのが明白であり、別れる確率が高くなってしまいます。

2. 細かい約束事を作る

細かい約束事を作ると、いずれその約束を守れない場面が出てきます。例えば、「休みの日は絶対に会う」という約束事を作った場合、最初はお互い楽しくデートするかもしれませんが、いずれ友達と遊びたくなることもあるでしょう。

そうなると約束が守れなくなり、約束を破ったということでケンカが勃発。つまり、細かい約束事を作ることは余計なケンカの火種を作ることになってしまうのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。