大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月22日更新

男性の「一緒にいて楽しい」の一言に隠された本音4つ

【男性目線】「一緒にいて楽しい」に隠された本音4つ

男性から「一緒にいて楽しい」と言われたことがある女性は多いはず。好意的な言葉であるため、「もしかして脈あり?」「私のこと好きなのかな…」と、期待してしまうこともありますよね。でも、男性からの「一緒にいて楽しい」の言葉には、違う本音も隠されていることもあります。

1. ストレートに好き!

恋愛や結婚をする相手に、「一緒にいて楽しい」と思える女性を求める男性は少なくありません。そのためストレートに好意を伝える意味で、「一緒にいて楽しい」と言う人もいます。

軽めの愛情表現や好きアピールとして使われるパターンですね。「楽しいからもっと一緒にいたい」というニュアンスが含まれていることもあります。

特にこのケースは直接的な愛情表現が苦手だったり、奥手だったりする男性に多くみられるので、彼の性格から本音を探ることができるでしょう。

2. 友達感覚で

「一緒にいて楽しい」という言葉は、基本的には好意的な気持ちのあらわれですが、それが恋愛関係に発展するとは限りません。なぜなら、ただの友達としてでも、一緒にいて楽しいと思うことがあるからです。

一緒にいてストレスを感じなかったり、意思の疎通がスムーズにできることでも、一緒にいて楽しいと相手に対して感じますが、この場合は、男性側が恋愛感情を全く持っていないことも多いのです。

 

けれど、恋愛関係に発展する可能性が絶対にないわけでもありません。友達としてしか見ていなかった相手でも、ちょっとしたきっかけで『女性』として意識することがあれば、一緒にいて楽しい相手は、男性の中ですぐに彼女候補に浮上します。

3. 恋愛のテクニックとして

「一緒にいて楽しい」と言われると、大抵の人は嬉しくて、相手に気を許すようになります。そのことがわかっている男性は、恋愛のテクニックとして女性にこの言葉を言うことがあるのです。これは、自分を好意的な男性に見せたくて言っているので、そこに真剣な気持ちはありません。

 

ただ、一緒にいて楽しくない女性を、恋愛相手とは考えないので、全くの嘘というわけでもないのが、この言葉の絶妙なところです。今は真剣な関係を望んでいなくても、付き合い次第で本命女性に発展することは可能です。

4. 思ったことを口にしただけ

思ったことがすぐ口に出る男性の場合、「一緒にいて楽しい」という言葉に何の裏も隠されていないパターンもあります。美味しいものを食べて「美味しい」と言う、きれいなものを見て「きれい」と言うレベルと同じです。

この場合は悪い意味ではありませんが、特に深い意味もありません。

 

「一緒にいて楽しい」と女性に伝えるのは、実は男性にとってあまりハードルが高くない行為。けれど、その言葉の裏に隠された心理は様々で、捉え方次第では良くも悪くもなります。

相手の性格はもちろん、行動やそのときのシチュエーションから、男性の本音は判断していきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。