大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月08日更新

男性が恥ずかしくても「好きな子」にだけ伝える言葉3つ

【男性の本音】恥ずかしくても「好きな子」にだけ伝える3つの言葉

一般的に男性は恥ずかしがりやで、愛情をストレートに言葉にできない人が多いようです。しかし、本気で好きな相手には、さすがの男性も自分の気持を伝えようとします。ただ、気持ち=「好き」「愛してる」などの言葉ではないので、女性には、「え、それ愛情表現?」といったわかりにくい言葉もあるようです。

1. 「話しているだけで楽しい」

本気で好きな女性と一緒にいる時間は、男性にとって至福の時間。どんな状況であれ、二人で過ごせる時間こそ、幸せそのものなのです。豪華な食事や雄大な景色などは関係なく、休憩室に二人きり…でも幸せを感じています。そのため二人で話しているときに、「話しているだけで楽しい」といった言葉を無意識に言ってしまいます。

また、カップルであれば「話しているだけでなんか幸せ」「安心する」といった言葉を出すこともあるはず。一緒にいると落ち着く女性や、居心地が良いと感じる彼女に対しては、恥ずかしくてもつい口に出してしまうことがあるのです。

2. 「自分は将来こうなりたい」

男性は、好きな女性には自分の将来や夢を語ることがあります。自分について知ってほしいという気持ちが強いからです。

本気で好きな女性は将来を共にしたい相手。自分の人生設計が相手にも関わる重大なことだと認識しています。そのため、自分がこんな仕事をしたいとか、こんなポジションを得たいなど、具体的に語ることは珍しくありません。

もっとも、将来のことはどうなるか誰にもわからないので、その通り実現する保証などなく、失敗に終わる可能性もあります。それでも、好きな女性の前では恥ずかしさより将来を語りたい情熱の方が優るのです。もちろん、好きな女性に、自分の夢を評価してほしい、反応を見たいという思いがあることは言うまでもありません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter