大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月01日更新

心理的観点で解説!「ウソ」をついている男性の7つの言動

心理的観点で解説!「ウソ」をついている男性の7つの言動

浮気しているなど、男性はやましいことがあると女性にウソをつきます。このウソは非常に巧妙で、アリバイなども万全に対処をしているため、見破ることは至って困難です。

しかし、ウソをつけば言動に不審な点が見られるのも事実であり、どんなに巧妙にウソをつく男性も例外ではありません。そこで今回は、心理的観点からウソをついている可能性が高い男性に見られる言動を、記事にまとめます。

1. 理由を説明するときに「ちょっと」と付け加える

男性に限らず、人間はウソの理由を説明する時に「ちょっと」と付け加える癖があります。これは仕事や日常生活の中でウソをつく場面を例にすると分かりやすく、あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。

 

・仕事をズル休みする時:「ちょっと頭が痛いのでお休みさせてください」

・残業や休日出勤をサボる時:「ちょっと用事があるので無理です」

・セールスを断る時:「ちょっと忙しいのですみません」

 

人間はウソの理由を説明する時、このように「ちょっと」と前置きすることが多く、彼女の質問に対して男性が「ちょっと」と前置きした場合、その回答はウソの可能性があります。

2. 意図の見えない質問に弱い

男性はウソがバレないよう、それに関わる質問への回答を万全に考えていますが、意図の見えない不意の質問に弱い傾向があります。

なぜなら、「その質問への回答次第で、ウソがバレてしまうのではないか?」と不安になるからです。しかし、意図が見えないことで模範回答が分からず、男性は焦ってしまうのです。

 

ウソをつく男性は「昨夜のアリバイ」などに関する質問は怖れません。しかし、一方で「昨夜の天気」など、意図が見えない質問に対しては不安になるため、「なんでそんなこと聞くの?」と必死で質問の意図を探ろうとします。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。