大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 2人で会いたい!恋愛対象外だった「女友達を意識する」瞬間4つ
2021年05月27日更新

2人で会いたい!恋愛対象外だった「女友達を意識する」瞬間4つ

2人きりで会いたい!恋愛対象外だった「女友達を意識する」瞬間4つ

気になる男性と友達という関係からステップアップしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのためには彼に自分を「女性」として意識させる必要があります。

そこで今回は、男性が恋愛対象外の女友達を意識する瞬間を4つ紹介します。

見た目の変化から女性として意識する

女友達という立ち位置からステップアップできないのは、見た目で女性として意識されていないという可能性が考えられます。男性は視覚で恋をするとよく言いますよね。普段からパンツスタイルが多いと意識されないケースが多いです。

 

女性として意識してほしいのであれば、スカートを履いてみるのも良いでしょう。自分には似合わないからと敬遠している人もいるかもしれませんが、自分が似合っていないと思っているだけで、相手は普段とは違うあなたの魅力に気付いてくれるかもしれませんよ。

仕草で女性らしさをアピールする

恋愛対象から外されるのは、女性らしい仕草が欠けていることも原因のひとつとして挙げられます。

例えば、脚を閉じないで座ったり、口を大きく開いてガハハと笑うなどの仕草は男っぽくみられてしまい、同性と接しているような雰囲気を男性は感じてしまうのです。

 

このような状態を改善するには、女性らしい仕草を行うのが効果的です。例えば、笑うときには口元に手を当てるだけでも女性らしく見えます。そういったひとつひとつの仕草を意識することで、女性として意識させられる可能性が高まります。

色気で女性をアピールするのも効果的

男性は、基本的に女性の色気に弱いです。そのため恋愛対象外の状態から女性として意識させるには、色気でアピールするのもひとつの方法です。

取り入れやすいのが、香水をつけることです。いつもとは違うムスクの香りを漂わせることで、男性は女友達を女として意識し始めます。また、手首や足首、鎖骨が見える女性の華奢さを感じさる服を着てみるのも効果的でしょう。

好意を伝えるのもひとつの方法

恋愛対象外の相手であっても、好意を伝えられて悪い気はしませんよね。そのため、積極的に好意を伝えるのも良い作戦だと言えます。「かっこいい」などのライトなものから、「好き」などストレートな好意もどんどん伝えていきましょう。

一度好意を伝えた程度では、恋愛対象外の相手を意識することはありませんが、何度も伝えられると「女友達だと思っていたけれど…可愛く見えてきた」という状況に変わるかもしれません。

 

相手に好意を示すことで、相手からも好意が返ってくることを、好意の返報性と言いますが、頻繁に好意を伝えることで、「俺も彼女のことが好きかもしれない…」と気持ちを返したくなり、恋愛対象外から恋愛対象になる可能性は上がります。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 2人で会いたい!恋愛対象外だった「女友達を意識する」瞬間4つ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。