大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼氏に「嫉妬」して欲しいならコレ!3つの方法をマスターしよう
2021年05月31日更新

彼氏に「嫉妬」して欲しいならコレ!3つの方法をマスターしよう

彼氏に「嫉妬」して欲しいならコレ!3つの方法をマスターしよう

彼氏と付き合いを続けていくと、必ず忍び寄ってくる「マンネリ」という静かな壁。
そんなマンネリ期を打破させるには、時に彼氏の嫉妬も必要となってきます。そこで今回は『失敗しない嫉妬のさせ方』を紹介。上手に彼氏の嫉妬を煽って、二人の関係を円満に続けさせましょう!

1. 連絡の頻度を落とす

デートでも連絡をとっているときでも、彼氏のテンションの低さが続いたら、それは付き合いに慣れが出てきた証拠。そのまま放置をしておくと、関係性は「マンネリ」に変化してしまいます。そんなときは、彼氏に付き合い始めの気持ちを思い出させるため、嫉妬させる作戦が有効になります。

 

方法としては、自分からの連絡の頻度を半分以下にしてみるのが、まずはベスト。デートの約束も、自分から誘う回数はいつもより半分以下にするのです。初めは彼氏も気にはしませんが、この頻度が1カ月以上続くと「どうしたんだろう」と不安になり、ちょっとしたことで嫉妬しやすくなります。

2. 返信を短くする

彼氏への連絡を半分以下になんてできない…という人は、彼氏に返すLINEメッセージを短くするだけでもOK。LINEでやりとりを続けていれば、他愛のない会話や話題を振るときもありますよね。でも彼氏を嫉妬させたいのであれば、それをやめてみるのです。

返信は要件のみを意識。「了解!」「それでいいよ〜」というような形で、あえてLINEを止めるように、話題は出さないようにしてみてください。

 

ただここで気をつけたいのは、決して冷たく突き放さないこと。冷たくするのではなく「短くする」ということを忘れないいでくださいね。返信を短くするだけで、連絡の頻度を減らす方法と同じ効果を得られるので、ケースバイケースとして試してみましょう。

3. 匂わせ投稿をする

大抵のカップルはSNSをフォローしあっていますよね。そのため、SNSを使って彼氏に嫉妬させるのも方法としては使えます。まずは下準備として、同性の友だちと遊ぶ約束をしても、あえてそれを彼氏には教えないでおきましょう。

そして、今度は遊んだことをSNSで匂わせ投稿してみるのです。相手がいる風に写真を撮って、「ずっと一緒にいれたらいいのに」「すでに会いたい」などをコメントすると、匂わせ投稿の出来上がりなので、意外と簡単です。

 

実際に遊んでいる相手は同性の友達なので、こちらの罪悪感も一切なし!ただ、彼氏は「自分の知らないうちに自分の知らない誰かと遊んでいる…つか相手、男?」と不安を覚えて、存在しない相手に嫉妬するようになります。結果、彼氏からの愛情表現が強くなるので、マンネリ化にストップをかけられるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼氏に「嫉妬」して欲しいならコレ!3つの方法をマスターしよう
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。