大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼は右?左?「仲良しカップル」が自然と取ってる立ち位置とは
2021年07月19日更新

彼は右?左?「仲良しカップル」が自然と取ってる立ち位置とは

彼は右?左?「仲良しカップル」が自然と取る立ち位置

カップルで並んで歩く時の立ち位置を意識したことはありますか? 実はこの立ち位置には、お互いの心理が反映されているといわれています。これを知れば、二人の関係性に変化が起きている時に素早く気付けるかもしれません。

男性が「右」側

カップルの関係において一般的に多いとされるのが、男性が右側・女性が左側。

右利きの多い日本において、男性の利き手側が自由になるこの立ち位置には「女性を守りたい」という男性の心理が隠れています。裏を返すと、女性は利き手側を男性に預けることによって「守られたい」「頼りたい」という心理があるということを意味します。

 

人は他者に入られることを不快に感じる一定の距離間(パーソナルスペース)があります。このパーソナルスペース、面白いことに利き手側の方がやや広いという特徴があります。

つまり、右側を自由にしておくことは周囲からの攻撃にすぐに対応できるようにしていることを意味しています。男性がいつも右側を歩いてくれる場合、女性を守りたい・リードしたいという男性の心理が働いているのです。

男性が「左」側

逆に、男性が左側・女性が右側の場合はどうでしょうか。

男性が利き手側をパートナーに預けるということは「リードしてほしい」「女性に尽くしたい」という心理が働いている状況であることがわかります。

 

実は利き手を相手に預ける傾向のある人は、相手に合わせる順応力が高いと言われています。この力は二人の関係を円満なものにする上で必要不可欠な要素です。

普段は右側に立ってくれる男性が無意識にいつもとは逆側に立つ時は「女性に甘えたい」「女性に合わせるよ」という心理が隠れていますので、そのメッセージを見過ごさないようにしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼は右?左?「仲良しカップル」が自然と取ってる立ち位置とは