大人女子のためのWebメディア
検索
2021年06月29日更新

彼女だけ…!男が「マジ惚れした女性」に言う3ワード

彼女だけ…!男が「マジ惚れした女性」に言う3ワード

気になる彼の気持ちが誰に向いているか、彼氏の愛情はどのくらい強いのかなど、確かめたいけど直接は聞きづらいですよね。そこで今回は、『男性のマジ惚れした女性に言ってしまう3ワード』を解説していきます。男性の愛情は何気ない言葉の中に潜んでいることが多いので、見逃さないようしっかりとチェックしていきましょう!

1. 「今の人って誰?」

他の男性と話していたり、他の男性のことを目で追ったりしたときに「今の誰?」とそれとなく聞かれたことはありませんか?何気ない質問のように見えますが、それはあなたのことが好きで言っているのかもしれません。

 

男性は、好きになった女性を独占したいと思う傾向が強く、好きな女性に他の異性が近寄ってくることが気になって仕方がないのです。そのため、自分の好きな人が別の男性に取られてしまうかもしれない…という危機感ゆえの行動であり、「相手の男性とどんな関係なのか?」「どう思っているのか?」と確かめずにはいられません。

ちなみに、なんとも思っていない女性に対しては、むしろ誰かと恋がうまくいくことは祝福すべきことなので、わざわざ踏み込んで聞いてくるようなことはありません。

2. 「なにかして欲しいことない?」

いつも「なにかして欲しいことある?」と気にかけてくれる人は、男女問わず好感度が高いですよね。でも実はこの言葉、男性は本当に好きな相手にしか言わないのです。もちろん仕事上必要なこととして聞いてくるケースはありますが、それ以外で出てくる場合は注目しておきたいワードです。

 

なぜして欲しいことを聞いてくるのかといえば、それは相手の女性に好かれたいからです。「好かれたい、好感を持たれたい…けど、どうすれば良いのかわからないから本人に直接聞く」という方法を男性は取っているのです。どちらかといえば、女性経験が少ない男性からよく発せられることが多いので、彼の性格にも注目しておきましょう。

3. 「結婚って考えたことある?」

「結婚って考えたことある?」と聞いてくる男性は、ゆくゆくは結婚をしたくて、そのことを意識させるために発していることが多いです。

男性は女性と比べると、結婚に対して慎重な考えを持つ傾向があります。どんなに男女平等で働く女性が増えてきたといっても、やはり夫は大黒柱として家計を支えるとものと考える男性は少なくありません。そのため結婚に対する「家庭を守り続けなければいけない責任感」を、男性はどうしても強く感じてしまいます。

しかし、そんな重い結婚へのプレッシャーにも関わらず、結婚を匂わせるワードを言うのは、それらの責任を負ってでも彼女と一緒になりたいという強い思いがあり、相手の女性に本当に惚れているからなのです。

 

男性は、本当に好きな女性に対しては、他の男性との関係や結婚について聞いたり、少しでも彼女の力になりたくて声をかけています。特に今回紹介した3つの言葉が出てくる男性は、その女性に対して強い愛情を抱えている可能性が高く、いわゆる「脈アリの状態」であると考えて良いでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。