大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好きだから言わない?!「好き」と口に出さない男の本音とは
2021年07月29日更新

好きだから言わない?!「好き」と口に出さない男の本音とは

好きだから言わない?!「好き」を口に出さない男の本音とは

彼が好きと言葉にして言ってくれないと、「自分はちゃんと愛されているのかな…」と不安になってしまいますよね。頑なまでに好きと言わない彼…一体心の中はどうなっているのでしょうか? ここでは「好き」と口に出さない男性の心理や本音を解説します。

好きと言うのが恥ずかしい

好きな人を前にすると、普段通りに話せなかったり、途端に気恥ずかしくなったり、目を合わせられなくなったりなど、照れてしまうことはよくあることです。

このタイプの男性は、好きと言わないのではなく女性のことが好きすぎるから、好きと言うことができないのです。好きと言った時に顔が赤くなってしまう、言った後に反応が薄かったらどうしようなど、色々と心配をして、好きと言うことができません。

 

そして、好きという言葉が重みがある大切な言葉だと思っているからこそ、むやみやたらに好きという言葉を使わないのでしょう。男性が好きと言ってこなくても、相手が言葉数が少ないタイプだったり、照れ屋な男性ならあまり心配する必要はありません。言葉よりも、普段の態度で好意を示している場合があります。

好きと伝える瞬間が、なかなか来ない

好きと伝えたくなる瞬間というのがあります。ただ、そんな瞬間がいつまでも訪れなければ、男性から好きの言葉を聞く機会はほとんどないでしょう。彼氏とのデートで、部屋で友達と接するようにゲームばかりしている、人が多い賑やかな場所ばかりに行っている人は要注意でしょう。

 

2人だけで過ごしていて、彼女の存在をより近くに感じた時や、気持ちが通じ合っているように感じた時、男性は「好きだよ」と言葉にして伝えたいと思います。デートで毎回同じ場所に行くなどのマンネリ化も、彼の好きという言葉を封印する一つの要素になってしまいます。

2人きりで幸せな時間を過ごしたり、好きと言いやすいような環境を整えることで、彼からの好きを引き出せることがあります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好きだから言わない?!「好き」と口に出さない男の本音とは