大人女子のためのWebメディア
検索
2021年06月02日更新

「もう帰さないよ?」男性の心に火をつける誘惑テク

【社会人カップル】「彼氏と会う頻度」はみんなどれくらい?

どうしても彼をものにしたい夜には、女性からどうやって誘うのがよいでしょう。
ハッキリと言葉に出して誘うのは最終段階まで取っておいて、とにかく「さりげなく」体で攻めるのが大事。
女性らしさを武器に、どこまで彼に迫れるかを研究していきます。

1. 胸を押し付けながら腕組み

「ねえ、今日もう一軒飲みに行ってもいいでしょ?」と彼をリードして歩き出す瞬間。
腕組みをするときにさりげなく胸のふくらみを彼の腕に押し付けて、性的な魅力を意識させます。
もちろん背後からのバックハグで胸を押し付けるというのも効果的です。

2. 彼の太ももを触る

夜も更けてきたバーや公園のベンチで、対面ではなくて彼の横に座りながら、たわいもないおしゃべり。
いい感じの雰囲気になってきたら、彼の太ももにさりげなく手を置いてみましょう。
男性にとって、太ももに手を置かれたら「行くところまで行っていいよ」というサインのようなもの。
そのまま軽くキスして、そのあとホテルに行くムードは十分です。

3. 酔ったふりの上目遣い

バーで大人の時間を過ごしているふたり。
あなたの理性があるうちに酔ったふりして彼に軽くスキンシップをしてみましょう。
お酒の力で大胆になっているようなそぶりで彼のほっぺたをなでたり、ぐっと顔を近づけて上目遣い。
とろんとした目が一層セクシー…男性ならもうこのまま連れて帰りたくなること間違いなし♡

4. 言葉で落とす

ここまで仕掛けてもダメなら、最後の手段、もうハッキリ口にするしかないでしょう。
「今夜は帰りたくないな」
「このままずっと朝まで一緒にいたいな」
ここまで明確にスタンスを出せば、どんなに鈍感な男性だってあなたをお持ち帰りするしかないはず!

 

男性の心に火をつけるためには、男性の心より体をカッと熱くさせるきっかけ作りが必要です。
理性ではもう抑え込めないというところまで男性の性欲を刺激してしまえば、あとはもう熱い夜が待っているだけ。
一度ついてしまった火はもう消せない…という流れに持っていくために、あくまでさりげなく、それでいて濃厚にアプローチしてみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。