大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • サヨナラの予感!?別れを考えている男性にありがちな行動
2021年08月15日更新

サヨナラの予感!?別れを考えている男性にありがちな行動

サヨナラの予感!?別れを考えている男性にありがちな行動

別れ話というのは、例え別れたいと思っても口にしづらいものです。これは別れが惜しいわけではなく、気まずさを感じるのが理由であり、例えるなら会社を休む時に連絡する場合と同じ心境です。ただ、別れたいと思っている以上、その気持ちが行動となってあらわれます。

そこで今回は、別れを考えている男性にありがちな行動を記事にまとめます。もし、あなたの彼氏が同じような行動を見せているなら要注意です。

1. 別れ話をしたい男性にありがちな行動

彼女と別れたいと思っている男性は、タイミングを狙って別れ話を切り出そうと考えています。「別れよう」と言いたいけど言いづらい…そんな心理から、別れ話をしやすい状況を作りたいのです。

つまり、別れ話をしたい男性は「別れ話をしやすい状況作り」という行動をするようになります。また、別れることを考えているため、別れを想定した行動も見せるようになるのです。

(1) 次のデートまでの間隔が長くなる 

別れ話をしたい男性が悩むのは、「どこで別れ話をするのか」と「どうやって別れ話をするのか」の2つです。つまり「場所」と「切り出し方」で悩むわけですが、これらの答えはすぐに出るものではありません。だからこそ男性は悩み続けることになり、その影響で次のデートまでの間隔が長くなるのです。

次のデートで別れ話をしたいと思うからこそ適したデート先が思い浮かばず、なかなか次のデートが決まらないのです。

(2) デート内容が地味になる 

別れることを決意した途端、デートの内容は地味になります。理由は簡単で、別れる未来が確定している以上、男性は余計なお金を使いたくないからです。

極端な話、別れるつもりの彼女に対して何万円ものデート代をつぎこむ男性はいないですからね。その意味ではプレゼントなどをすることもなくなり、出費を抑えようとする心理から、デートの内容はお金があまりかからない地味なものになるのです。

2. 別れ話をされたい男性にありがちな行動

別れ話をどうしても切り出せない男性の場合、卑怯な方法として彼女に別れ話をさせることを考えます。

自分が嫌われて彼女が別れたいと思うようになれば、別れ話を切り出すのは彼女であり、自分はただ受け入れればいいだけですからね。

この思考を持つ男性は、彼女に嫌われる行動をするようになります。そのため、彼氏の愛情を実感できなくなった場合は、彼氏は内心別れたがっている可能性が高いのです。

(1)  冷たくする 

彼女に嫌われる方法はいくつかありますが、中でも多くの男性が選ぶのが「冷たくする」という方法です。嫌われるために、わざと暴言を吐いたり暴力をふるったりする男性はさすがにいないでしょう。

その点、冷たい態度は直接的に彼女を傷つけることはないですし、何より彼女に「一緒にいて楽しくない」という感情を植え付けることができるため、別れたい気持ちを芽生えさせることができるのです。

(2) 連絡の頻度が減る 

そもそも男性は女性ほど連絡がマメではありません。付き合っている時は頑張ってLINEを送っています。しかし、別れを考えるようになることで頑張る気持ちを失くしますし、連絡の頻度が減れば彼女を不満にさせることができるでしょう。

これらの理由から、別れを考えている男性は彼女への連絡が減る傾向がありますし、例え連絡が来てもLINEの内容が手抜きなど、連絡において何らかの変化が見られます。


別れを考えている男性は、別れたい気持ちはあるものの、完全に彼女を嫌いになったわけではありません。そこまで嫌なら一刻も早く別れたいと思うため、堂々と別れ話をするでしょう。そのため、この時点で彼氏の異変に気づくことができれば、方法次第で修復も可能かもしれません。

男性の言動に明らかな変化を感じた時は、思いきって理由を確認して、真剣に話し合ってみれば解決できる可能性もあるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • サヨナラの予感!?別れを考えている男性にありがちな行動
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。