大人女子のためのWebメディア
検索
2021年06月15日更新

なんか目を惹くなあ…上品な仕草で色っぽさを演出できる仕草4つ

なんか目を惹くなあ...上品な仕草で色っぽさを演出

若い頃の無邪気な恋愛からひとつ階段を経て、落ち着いた恋愛に憧れる方も多いと思います。
そんなときに必要な要素として「上品さ」「色っぽさ」が挙げられます。
今回は、その2つの要素を演出できる仕草をご紹介していきましょう。

笑うときは口に手を当てる

「笑い方」は、女性の品格を左右する大切な仕草です。
いくら綺麗な人でも笑い方が下品では、一気にイメージダウン。
笑うときの声はなかなか変えられないかもしれませんが、口元に手を当てる仕草は、意識すれば簡単にできます。
所作が綺麗だったり配慮があると、男性は品性を感じるでしょう。

何かに没頭するときに髪の毛を耳にかける

ヘアスタイルは、女性は特に武器になりますよね。
髪の毛を耳にかける仕草は定番であっても、しっかりと色気を演出できます。
いつもは耳にかけずにノーマルなダウンスタイルで、仕事で集中したいときや一生懸命になにかを書くときは、邪魔な髪の毛をよけるつもりで耳にかけましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!