大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛対象外!男性が『友達キャラ』を感じる女性の言動4つ

恋愛対象外!男性が『友達キャラ』を感じる女性の言動4つ

【男性目線で解説!】友達キャラ認定を「回避する」5つの心得

人にはそれぞれイメージや雰囲気があり、これは強力な認識になります。芸能人たちは、「癒し系」「おバカ系」「ゆるふわ系」など、自らキャラを設定することで支持を得ていますよね。このようなキャラ設定は恋愛においても深い関係性があり、とくに問題なのが、男性に対して友達キャラの認識を与えてしまうケースです。

男性が友達キャラを感じる女性の言動

友達キャラの設定を避けるには、「男性が女性のどのような言動に対して、友達の認識を持つのか」を考えることが大切なので、男性視点に立って解説していきます。

まず友達ということは、性別関係なく、つまり女性であったとしても同性の感覚で過ごせる女性ということになりますね。また、嫌われる言動をする女性はそもそも友達にもなれないですから、「一緒にいて楽しいけど、女性らしさを感じない女性」というのが、男性にとって友達キャラの女性になるのです。

(1) バカ笑いに注意 

バカ笑いをする女性と一緒にいると、場が盛り上がって楽しい気分になりますが、このときの楽しさは宴会的な感覚であり、ドキドキの感覚ではありません。「女性の笑い方=バカ笑い」をイメージする男性は、ほぼ100%いないでしょう。

つまり、バカ笑いをしてしまうと女性らしさがなくなり、一方で楽しさを感じることから、女性は友達キャラになってしまうのです。

(2) 下ネタに注意 

男性は女性の裸に対して性的魅力を感じるものの、仮に女性が全裸で気にせず仁王立ちしていたらどうでしょうか。おそらく男性は女性の恥じらいのない態度によって、いくら裸でもドキドキすることはないでしょう。

つまり、男性にとって女性の恥じらいは、女性らしさを感じる大きなポイント。堂々と下ネタを話す女性は、「話題は楽しいけど女性らしくない」となり、友達キャラになってしまうのです。

(3) 言葉遣いに注意 

言葉遣いの悪い女性は友達キャラになりやすく、これは上記で解説した「下ネタに注意」と同じ意味合いを持っています。

・「マジ?!それって〇〇でしょ!」

・「ウザ!そいつ絶対ヤバいじゃん!」

・「キモ!そんな奴マジ嫌なんだけど!」

 

このように、言葉遣いが悪くても会話が楽しければ友達関係は成立しますが、そこに女性らしさは感じません。そのため、「楽しい+女性らしさがない」の定義が完成してしまい、友達キャラになってしまうのです。

(4) 身だしなみに注意 

人間内面が大切とはいえ、男性が女性を好きになる要素には外見が含まれます。もっとも、男性が女性に対して求める外見は、ルックスだけではありません。

いくら美人の女性でも、身だしなみが悪ければ男性が惹かれる要素はなく、「一緒にいて楽しいけど、見た目がちょっと…」となってしまうのです。

また、男性は意外に細かい部分まで見ていますから、高級な服に身を包んでいても爪が汚れていれば、同様の気持ちになってしまいます。

 

女性は男性と親しくなりたいと思ったとき、まずは会話という手段で関係を深めていきます。確かに、会話を重ねることでお互いを理解できますし、そこで楽しい時間を過ごすことができれば二人の親しさはアップするでしょう。

しかし、いくら楽しくても女性らしさがなければ友達キャラとして認定され、一度認定されたキャラを覆すのは、イメージの脱却に匹敵するほどの難易度の高さなのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛対象外!男性が『友達キャラ』を感じる女性の言動4つ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。