大人女子のためのWebメディア
検索
2021年08月03日更新

それって本当に愛情?「モラハラ彼氏」の愛情表現3つ

それって本当に愛情?「モラハラ彼氏」の愛情表現3つ

男性の中には、彼女に対してモラハラをする人もいます。

そして、そんな人は普通ではない愛情表現をすることが多いようです。

ここでは、モラハラ彼氏がやりがちな愛情表現を3つご紹介していきます。

過剰な束縛

モラハラ彼氏によくあるのが、過剰な束縛をするパターンです。

彼女の予定の全てを把握したがったり、連絡したらすぐに反応することを求めたりしてきます。場合によっては、性別関係なく他の人と会うことに制限をかけたり、スケジュールを勝手に決めたりすることもあります。

 

一般的な男性でも彼女を束縛することはありますが、その場合は彼女が好きすぎることや他の男性に奪われないか心配になることなどが理由として考えられます。

しかし、モラハラ彼氏の場合は支配欲や独占欲が原因であることが多いです。

モラハラをする男性は彼女を自分の物のように扱うことが多いため、それが束縛という形で表れます。

安定しない愛情表現

モラハラ彼氏は、愛情表現が安定しないことが多いです。機嫌次第で態度が大きく変わったり、日によって言っていることがコロコロ変わったりします。

暴言を吐いておいてその直後に急に抱きしめたり、優しい言葉をかけるといった極端な愛情表現はもはやモラハラ男の定番です。そんな愛情表現を、彼女を支配するために計算でする人もいます。

そして、この不安定な愛情表現は客観的に見ているとおかしいということがわかっても、当事者だとその異常性に気付かないことが多いので要注意です。

偽りの優しさ

モラハラをする男性には、自分に自信が持てない人が多いです。そして、劣等感を解消するために誰かに認められたいという欲求を持っていることも珍しくはありません。

それが優しさという形で表に出ることがあります。

一般的な男性であれば優しさは善意から来るものですが、モラハラ彼氏は承認欲求を満たすためという裏がある、偽りの優しさです。そのため、わかりやすい感謝の言葉や誉め言葉がなければ、機嫌が悪くなったり急に優しくなくなったりすることもあります。

また、自分が良い彼氏だということを周囲にアピールするために、他の誰かと一緒にいる時は優しくしておいて、2人になると急に冷たくなるパターンもよく見られます。

普通ではない愛情表現には要注意

モラハラをするような男性でも、実際に愛情を持っている場合はあります。

しかし、モラハラ彼氏のまともじゃない愛情表現は彼女が振り回されたり、嫌な思いをすることが多いでしょう。

そんな人と長く付き合っていくとより大変な目に遭う可能性が高いですから、早めに見極めることが大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。