大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月30日更新

その「いい感じ」勘違いかも!実は脈ナシなサイン4つ

その「いい感じ」勘違いかも!実は脈ナシなサイン4つ

気になる彼といい感じの関係になっているかも…と思っていても、実はそれが勘違いの場合もあります。自分が脈アリだと思っていることが、実は脈ナシのサインの可能性もあるからです。

今回はそんな、勘違いしやすい脈ナシのサインを紹介していきます。

1. 返信はくるけどいつも遅い

返信が遅れるのは、内容をじっくり考えてくれているから…とポジティブに捉えるのは要注意です。もちろん、その可能性はゼロではありませんが、それが「いい感じ」だと思っているのであれば、勘違いの可能性があります。

男性が気になる女性のことをいつも待たせるとは考えにくいです。そのためいつも返信が遅い場合は、脈ナシだと考えておくべきかもしれません。

2. 回数は多くてもデートの間隔が長い

気になる彼とは何度もデートしているから、これはいい雰囲気かもしれない…と考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、そこは少し冷静になるべきかも。本当に脈アリかどうかは、デートの間隔が長いか短いかで決まってくるからです。

 

たとえ何度もデートしていたとしても、次のデートまでの間隔が長い場合は、他の女性とも同じようにデートしている可能性があるので、実は脈ナシのサインです。あまりにもデートの間隔が長い場合は、その男性とは見切りをつけるべきかもしれません。

3. なかなか視線が合わない

視線が合わないのは、彼が奥手で好き避けしているから…と考えることもできます。確かに男性の中には、好きな女性とは恥ずかしくて目を合わせられない人もいます。

しかし、それは最初から目が合わないのではなく、目が合ったときに避けてしまうという場合が多いです。そのため全く視線が合わないのは、残念ながら脈ナシのサインだと考えられます。

 

判断方法として、視線が合わない男性に「目を見て話してよ」と言ってみましょう。脈アリな男性は目を合わせようとしてくれますが、そうでない場合は目を合わせようとしないはずです。

4. 話を聞いていても会話を覚えていない

男性がニコニコしながら自分の話を聞いてくれると、「これは脈アリ?」と期待してしまいます。ただ、こういった聞き上手タイプの男性の中には、聞いているだけで相手に好意がないこともあります。

脈アリかを判断するには、自分が前に話した内容を覚えているかを彼に聞いてみるといいでしょう。会話を覚えていない場合は、話を聞いているフリをしているだけなので、脈ナシだと判断できます。

 

相手の男性が脈ナシだった場合は、諦めて次の人を探すのもひとつの選択肢です。脈ナシの男性にこだわっていても、時間だけが過ぎてしまう可能性も高いです。脈アリ・ナシを正確に判断して、恋を実らせてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。