大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月31日更新

4項目でチェック!「情緒不安定」になりやすい恋愛の特徴

4項目でチェック!「情緒不安定」になりやすい恋愛の特徴

彼氏ができたら、精神的に安定した恋愛をしたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、ストレスが多く、情緒不安定になる恋愛も少なくありません。ここでは、情緒不安定になりやすい恋愛の特徴を4つご紹介します。

束縛が激しい

自分に自信が持てなくて、彼氏のことを激しく束縛してしまっている方もいるのではないでしょうか。

例えば、彼氏が友達と遊びに行くといってもそれを信じられず、「女の子と遊ぶんでしょ?」と疑ってみたり、「写真を送って証拠を見せて!」と問い詰めたりするのは、お互いにとってマイナスです。

ずっと不安な気持ちが拭えずに情緒不安定になってしまいやすいですので、まずは自分に自信を持って、束縛しなくても落ち着いていられる心の強さを身につけましょう。

周りと比べてしまう

彼氏のことは好きだけど、友達の彼氏と比べてしまって不満を感じたり、物足りなさを感じてしまうこともありますよね。

しかし、彼氏に対して「もっとこうしてよ!」「友達の彼氏は、こんなことしてくれるんだって!」などと周りと比べるような発言をしてしまうと、関係がギクシャクしてしまいます。

誰かと比べてばかりいると情緒不安定になってしまいますので、羨ましくなるような投稿が多いSNSを見ないようにするなど、自分なりの対策を考えましょう。

喧嘩が多い

彼氏との喧嘩が多いカップルも、情緒不安定になりやすいでしょう。

一緒にいる時間が長くなると、相手に対して不満を持ってしまうこともありますが、それはお互い様でしょう。できない部分ばかりを責めるのではなく、良いところを見つけて感謝の気持ちを持つことが大切です。

直接感謝を伝えることが苦手だという方は、LINEや手紙などを利用して自分の気持ちを彼氏に伝えてみましょう。喧嘩が減れば気持ちも安定して、もっと楽しい恋愛ができるはずです。

相手が誠実ではない

付き合っている彼氏が女性と親しくしていたり、浮気を繰り返したりするようなタイプだったら、女性側は情緒不安定になってしまうでしょう。常に「彼氏が浮気しているかも…」と不安になり、彼氏を信用することができなくなってしまいます。

不安な気持ちが拭えなければ、彼氏のことを心から愛することができなくなったり、安心した気持ちで生活することができなくなることも考えられます。

相手を変えることは難しいですので、その場合は別れを選択するのも、一つの手でしょう。

安心できる恋愛をしよう!

情緒不安定な恋愛を続けていると、心が苦しくなって笑顔になれなくなってしまいます。いくら相手のことが好きだったとしても、離れた方が精神的に安定することもありますので、よく考えて答えを出すようにしましょう。

改善したい場合は、彼氏とよく話し合うことも大切ですよ。本音をぶつけることで、より信頼関係も深まるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。