大人女子のためのWebメディア
検索
2021年08月08日更新

私に興味がないだけ…?自分の話ばかりする男性心理

私に興味がないだけ…?自分の話ばかりする男性心理

気になる男性と話すチャンスが出来たのに、彼から自分の話ばかりされると「私に興味がないのかな?」と不安になりますよね。

そこで、今回はなぜ男性は自分の話ばかりしてしまうのか?その男性心理を解説します。

緊張して少しの沈黙にも耐えられない

男性が自分の話ばかり矢継ぎ早にしてくる時は、もしかすると沈黙に耐えられずにしゃべることをやめられないのかもしれません。会話というのはそれぞれのペースがありますし、もちろん会話のペースが早い時も遅い時もありますが、それはお互いの雰囲気に合わせた結果であるものです。

 

しかし、自分の話ばかりする男性はどんな時もとにかく自分の話を矢継ぎ早にして、なかなかこちらが口を挟む余地を作ってくれません。このタイプの男性は会話が途切れた時の沈黙を苦手としており、特に気になる女性の前などで緊張している時ほどその傾向が強まりがちです。

相手の言葉を待たず、常に自分がどんどん会話をするようにして「沈黙のない会話」をすること自体に必死になってしまっていると考えられます。

自分のことを知ってもらおうとしている

自分の話ばかりする男性は、自分に自信を持っていない人が多い傾向にあります。

自分のことを受け入れてくれる人、評価してくれる人に恵まれなかった背景を持つケースが多く、相手に好かれる努力をしても無駄だと感じてしまっているのです。そのため、真っ先に今の自分を知ってもらい、相手に「好きか嫌いか」を早く判断してもらいたいと考えた結果、真っ先に自分の話をして自分を知ってもらうことから始めようとします。

 

相手に自分のアリ・ナシを早めに判断してもらおうとするのは、実は相手のことが気になっているからです。

どうでも良い人に嫌われようが好かれようがどうでも良いため、焦る必要はありませんが、気になる相手であればなるべく早く知りたいと感じることから、自分の話ばかりしてしまうのです。

本人は会話を盛り上げようとしている

自分の話ばかりしかしない人の中には、自分の話が面白いはずだと思っている自信家の人も居ます。自分に自信があり、当然興味を持ってもらえると思っているので「自分の話をすればウケる」と考え、その話に終始してしまうようです。

しかし、このタイプの人でもあくまで話をするのは「相手に好かれるため」である点は同じであり、好きではない相手に率先して話をしようという人は余り見られないでしょう。

自分の話をするのは興味のある人にだけ

自分の話ばかりする男性は、こちらに興味がないのでは?と思うかも知れませんが、実はそのほとんどは「相手が気になっているからこそ、自分の話をしてしまう」というケースのようです。

もちろん会話は一方的ではいけませんが、自分の事を話しきったら落ち着く男性も多いため、まずは聞き役に徹してあげると良いでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。