大人女子のためのWebメディア
検索
2021年09月21日更新

それは逆効果かも?男性から返信が来ないときのNG行動

それは逆効果かも?男性から返信が来ないときのNG行動

男性にLINEをしたものの、返事が来ない。心配になるのはよくわかります。しかし、返信が来ないからと言ってやってしまうと相手から引かれたり、愛想を尽かされてしまうNG行動があります。

追い打ちをかけるように催促する行為

一番やってはいけないNG行為は、追い打ちをかけるように何度もLINEを送って返事を催促することです。LINEは好きなときにメッセージを送ることができる便利なツールです。

もしかしたら、相手も手が空いているときにメッセージを送ろうとしているのかもしれませんよね。それなのに、「返事まだ?」とかLINEをされると、返信するつもりでも気持ちが萎えてしまうことがあります。

相手も都合があるので、鬼のようにLINEを送るのはNG。けれども、もし早く返事が欲しい場合には、その旨を伝えておけば、相手も配慮してくれるかもしれませんね。

追いLINEで文句を言う

次に、LINEで文句を言ったりするのもNG行為です。たしかに、LINEの既読スルーはイラッとしてしまうのもわかります。しかし、そこでぐっとこらえることが重要です。

なぜなら、相手にも事情があってすぐに返信することができない状況にあるかもしれません。そんなときに、「シカトしないで」や「既読無視ありえない」などのキレ気味のLINEが来たら、相手はどう思うか考えてみましょう。

不安になってしまうかもしれませんが、怒りに任せてキレ気味のLINEを送ってしまうと、それまでに築き上げてきた二人の関係が一瞬で壊れてしまうこともあるのです。

そうならないよう、怒りに任せてLINEで文句を言うのはやめたほうが良いですよ。

察してほしそうにスタンプを送る

最後に、女性がついやってしまいがちなLINEでのNG行為は、スタンプで察してもらおうとすることです。

それがたとえ可愛い動物のスタンプであっても、返信の催促をするようなスタンプは、察してチャンだと思われて男性からは敬遠されます。物陰からじっと見ているスタンプや、目をうるませて泣いているスタンプは、男性からしたら少々重すぎます。

女性からすれば可愛らしくスタンプを駆使して返事の催促をしてみたものの、男性にしてみれば地雷臭しかしません。

物欲しそうなスタンプは逆効果であり、後で返信をしようとしていた男性に引かれてしまいます。

相手の都合を考えて

大切なことは、相手にも都合があるということです。それを考慮すれば、男性からLINEの返信が来ないからといってNG行為に出てしまうのは、相手に迷惑がかかってしまうことはわかりますよね。

けれども、もし、早く返信が欲しければ、その旨をLINEで予め伝えておけば、LINEでのスムーズなコミュニケーションが取れるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。