大人女子のためのWebメディア
検索
2021年08月10日更新

シャイな男性が頑張って見せている「好きサイン」って?

シャイな男性が頑張って見せている「好きサイン」って?

シャイな男性に恋をすると、なかなか感情を表に出さない彼にやきもきしてしまうこともありますよね。でも、実は彼なりにあなたへの好意をちゃんとアピールしていることだってあるんです。

奥手な男性が見せる好きサインをチェックしてみましょう。

1. よく目が合う

シャイな男性は、「もっと仲良くなりたい」と思っていても、気になる女性にはなかなか自分から話しかけられないもの。それでも、「何をしているのだろう」と女性が気になる気持ちを抑えられないと、ついつい相手に視線を向けてしまいます。

 

もし、ふとした瞬間に彼と目が合うことが多いなら、あなたのことを気にしている証拠といえるでしょう。目が合った瞬間、あなただけでなく彼もドキッとしているはず。「目は口ほどに物を言う」ということわざ通り、彼は目線であなたへ好意を伝えているのです。

2. LINEのやりとりが長く続く

シャイな男性は好きな女性との会話は緊張して、ぎこちなくなってしまいがちです。「なんだか楽しくなさそうだな」「話がはずまない…嫌われているかも…」と思っても、そう決めつけるのは待ったほうがいいかも。シャイな男性の中には、LINEなど直接顔を見なくてもよいやりとりであれば、スムーズに続く人も多いからです。

 

たとえ面と向かって会話している時の盛り上がりがイマイチでも、メッセージでは長くやりとりを続けることができているなら、彼はあなたに好意を持っていると思っていいでしょう。短文のやりとりだったとしても、続けようとする意識が見えれば「好きサイン」と言えます。

3. 他の人がいるとそっけなくなる

シャイな彼であっても、少しずつ距離をつめていけば、ふたりでの会話も弾むようになってきます。ただ、別の友人や同僚・上司が通りかかると、彼が急にそっけない口調になったり、会話を終わらせてその場を離れてしまったりすることがあります。

実はこれも、彼からあなたへの「好きサイン」。

シャイな男性は思いを内に秘めておくタイプなので、自分が好意を寄せている人のことを周囲に知られたくありません。そのため、あなたへの気持ちを他の人に隠そうとしてしまうのです。友人としての好意であれば、隠したりぶっきらぼうな態度になったりする必要はありませんよね。あなたへは恋愛の意味で「好き」だと思っている証拠です。

 

シャイで奥手な男性が見せる「好きサイン」は、一見とてもわかりにくいものです。

それでも、彼は頑張ってあなたへの思いをアピールしています。

わかりやすく表に出ている表情や態度などにとらわれず、目線などの小さなサインをキャッチして、彼との距離を縮めていってくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。