大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月06日更新

コロナで婚活が進みません!【ひかりの恋愛相談室】

ひかりの恋愛相談室

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

現在は、新型コロナウィルスの影響で、今までは普通にできていたことができなくなってきています。そんななか、婚活が進まなくて悩んでいる人も少なくありません。今回は、こういったお悩み相談です。

Yさん・34歳

コロナで婚活が進みません!【ひかりの恋愛相談室】1

東京に住んでいることもあり、去年からコロナの影響で、婚活が全く進みません。婚活サイトでやりとりをしていても、「会うのは、コロナがもう少し落ち着いてからのほうがいい」という考えの人も多いので、なかなか対面できません。

今は、婚活を諦めなくてはいけないのでしょうか。35歳までには結婚したいと思っていたので、こんな大事な時期に婚活が進まないのは痛いです。どう思いますか?

Yさんへの回答

確かに、現在のようにコロナをはじめとするさまざまな問題が解決していない中、婚活はしにくいものでしょうね。なかには、今後、仕事がどうなるのかわからない人もいるでしょうし、婚活どころではないことも。

だから、今の状況で「新たな人と出会って関係を深めたい」というのは、ハードルが高いところもあるでしょう。

 

特に、Yさんのように「35歳までに結婚したい」といった制限を持ってしまうと、この状況はキツイでしょうね。ただ、コロナの影響を抜きにしても、結婚は、単に“努力さえすれば成功するもの”ではないので、あまり期限を持たないほうがいいこともあります。その焦りが変な相手を掴まえてしまい、せっかく結婚できても、幸せになれなくて、結局、別れてしまうこともあるでしょうしね。

 

Yさんは、ただ単に結婚したいわけではなく、幸せになりたいのですよね?だったら、冷静さは失わないようにしていたほうがいいでしょう。それは、今後、「世界、そして日本がどのように変わっていくのか」をきちんと予測しながら、自分の将来設計についても考えていくということです。

そうしたら、今は婚活以上に、世界の状況をきちんと調べ、自分なりの考えも持ち、それに伴う行動をしていたほうがいいこともありますしね。

今のうちにできることをやることは大切! 

コロナで婚活が進みません!【ひかりの恋愛相談室】2

Yさんが“幸せな結婚”をしたいのであれば、こんな状況のときは、「新たに出会うこと」ばかりに気を向けるよりも、今後、素敵な人に出会ったときに、自分のことを好きになってもらえるように、今のうちに「自分磨きをしておく」のもいいと思いますよ。

 

例えば、より美しくなるようにメイクの勉強をしたり、体形が気になる場合はダイエットなどをしたり、それだけでなく、付き合ったら、相手の胃袋をつかめるように料理の練習をしたり、恋人がYさんの家にずっといたくなるくらい居心地の良い空間を作ったりしておくのもいいでしょう。

 

また、恋愛、結婚をうまくいかせるためにも、本当の愛を理解し、人を愛せるようになっておく必要があります。そのためにも、所謂、“恋愛テクニック本”ではなく、愛に関連する本を読んで、愛を学んでおくといいでしょう。

例えば、書籍『愛するということ』(著:エーリッヒ・フロム、翻訳:鈴木 晶、紀伊國屋書店刊)は、ちょっと難しい本ではありますが、愛の本質を紹介しているので、とてもためになります。

愛を理解すると、「人を愛せる人」も分かるようになってきます。結婚するなら、「人を愛せる人」を選んだほうがいいので、色々な人と出会う前に読んでおいたほうが、むしろ効率よく婚活ができることもあるでしょう。

 

その他にも、自分の内面を高める本を読んでおくのは、決して、婚活にマイナスにはなりません。人は思想が変わると、言動が変わるので、それによって、自分を取り巻く状況が大きく変化します。

だから、幸せになれる思想を持てるようになるのが、幸福をつかむためにも大事なことなのです。

今後、「自分が歩みたい人生」をきちんと考えることも大事! 

コロナで婚活が進みません!【ひかりの恋愛相談室】3

Yさんが結婚したいと思っていることは、素敵なことです。ただ、今後は、結婚の在り方が随分、変わってくる可能性もあります。

それくらい現代人は、現代の結婚制度に疑問を抱いている人も増えてきているということなのです。

 

だからこそ、Yさん自身、「なぜ、そんなに今、結婚を求めているのか」について、自己の内面をきちんと見つめてみることは大切なことです。

もし、「みんなが結婚しているから、自分もしなくてはいけない」くらいに、単に「みんなと同じこと」を求めている場合は、今のうちに、「自分にとっての生き方」についても、きちんと考えたほうがいいでしょう。

本心から「自分はこういう人生を歩みたい」という、希望を持てるようになってこそ、自分に合うタイプの人が分かってくることもありますしね。

 

今は、すぐに新たな人に出会えなくても、婚活のためにできることは色々とあります。あまり結婚を焦ることなく、準備を進めてみてはいかがでしょうか。

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの“子供おばさん”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。