大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【重要】「もっと話したい!」と感じている男性が出すサイン
2021年07月05日更新

【重要】「もっと話したい!」と感じている男性が出すサイン

【重要】「もっと話したい!」と感じている男性が出すサイン

相手の女性に「もっと話をしたい」という気持ちが湧き上がったとき、男性は無意識に態度で示しています。共通した特徴が見られるため、会話していればすぐに気づけるはず!

彼からの脈ありサインを受け取って、二人の仲をもっと深めていきましょう。

1. 女性の話に対して前のめり

話している女性に対してつい前のめりになってしまうが、男性特有の「もっと話をしたい」サインの一つです。興味のある相手との会話であれば、自然と気持ち的にも前のめりになりますが、男性の場合はさらに身体も前のめりになるので、わかりやすいかもしれません。

特に男性は、パーソナルスペースを気にして不用意に女性に近づくことはしません。ましてや嫌いな相手であれば、無意識に距離をとってしまうものです。

 

しかし、好意を寄せている女性の場合、二人の距離を近づけたいあまり、体から近くにいってしまいます。会話の最中で男性の距離が「妙に近いな…」と感じたら、それは彼からの「もっと話したい」という脈ありサインです。

2. 質問をたくさん投げかける

相手の女性に対して次々と質問を投げかける場合、それは男性の「もっと話したい!」というサインです。なぜなら質問を投げかけるのは、多少なりとも相手に対して興味が出ないとできない行為だからです。

 

男性から質問をされる時、多くの男性は意識的に会話を盛り上げようと女性に色々な質問をしてきています。自分との会話をもっと楽しんでほしい、そしてもっと相手のことを知りたいという気持ちが、男性に積極的に質問をさせるのです。

これは相手の女性に対する好意の表れで、男性からの質問が途切れないときは、脈ありを感じてOKです!

3. 率先して聞き役になる

相槌を打ったり、話を聞きながらニコニコしたりと率先して聞き役になってくれるのも、男性からの「もっと話したい!」サインです。一般的に、男性は自分の話を聞いてもらいたいと思っています。しかし、好意を寄せている相手に対しては、例外的な行動を取ります。それがまさに、聞き役に徹することなのです。

 

自分がしてほしいことを相手にするのは、好かれるための基本ですよね。男性は相槌を打つことで相手の女性が気持ちよく話を続け、二人の時間が長く続くことを密かに望んでいます。そのために、あえて聞き役になって好意のサインを送っているのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【重要】「もっと話したい!」と感じている男性が出すサイン
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。