大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • エッチの時に勃たなかった彼・・・どうすれば?【ひとみしょうの...
2021年07月09日更新

エッチの時に勃たなかった彼・・・どうすれば?【ひとみしょうのお悩み解決】

ひとみしょうのお悩み解決

“【お便り募集】文筆家ひとみしょう お悩み解決” に送っていただいたお便りの中から、お悩みをひとつピックアップしてひとみしょうさんがお答えします。

「おしりちゃん23歳」のお悩み

わたしは23歳で2個上の25歳の彼氏と2年ほどお付き合いしています。わたしは経験がありましたが、彼はわたしが初めてでした。(前戯まではあるみたい)彼曰く性欲普通くらいといっていて、わたしは彼氏よりは性欲強いほうだと思います。

遠距離をする前は月に2回ほどしてました。最近遠距離になり月一ほどのペースです。以前会うことになり、泊まってエッチをしようとしたのですが、彼がおそらく仕事で疲れていて勃たなかったことがありました。

そういう場面に遭遇するのが初めてで、どうしていいのかわからず疲れてるんだろうし、寝ようって言ってその日は寝ました。彼はわたしにあやまってきました。

それから2人でその話題について話すことはなく、次に会いに行こうとしたときに、「この前のことがトラウマで、傷つけてしまったことが本当にショック。今あってもわたしの期待に応えられる自信がない。」と言われました。

会いたくないわけじゃないけどあっても傷つけるだけかもしれないと。なのでその日は行かないでいました。また休みが取れ行ける日がきたので今度は会いにいきました。そういう雰囲気になりチューをしてたんですけどそれで終わってしまって、まだ怖いのか聞きました。まだ少し怖い、プレッシャーを感じるとまで言われてしまいました。

わたしはすきで性欲があるわけではないし、もちろん好きな彼だから触れ合いたいと思います。彼にプレッシャーを与えていたことがすごくショックで目の前で泣きそうでした。大好きで、一緒にいて安心する彼なので結婚もしたいと考えていました。今後一緒になるとなると性生活の価値観は大事なのではないかと思ってしまいます。

こんな理由で別れるのも辛いです。いつまで待てばいいのか、どう向き合ってもらえればいいのか分からず1人の時にずっと考えて泣いてしまいます。。。

これは勇気を持って別れるべきなんでしょうか。

〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜

「わたしはすきで性欲があるわけではないし」というところが、なかなか正直でよかったです。

彼も気づいていない「勃起しない理由」

三島由紀夫の『金閣寺』には、美しい女性を前に勃起しない青年が出てきます。

彼は目の前の女性を美しいと思っています。しかし、女性よりも金閣寺の美しさに心を奪われているから、いざコトを起こすとなったとき、女性の顔が「幻想の金閣」によって隠されてしまい、その結果、勃起しないのです。

このことを拡大解釈すると、男は幻想に支配されていると言えます。

おしりちゃんの彼は、おしりちゃんのことが好きです。セックスしたいと思っています。

しかし、彼の心の中にあるなんらかの幻想が、彼のを勃起させない、ということなのです。

このことを、彼は知らないと思います。無意識の領域の話なので。

だから、別れないであげてくださいね。

男の「幻想」とはなにか?

では、その、男の「幻想」とはなんなのでしょうか?

先の『金閣寺』における、勃起しない青年の幻想とは、ぼくは「母」ではないかと思っています。誰もそんな解釈をしていないと思うので、堂々と誤読しているだけかもしれませんが、ぼくにはそう読めました。

つまり、男はたえず「理想の母」を追い求めているのです。

これは、「すべての男はマザコンである」というのとは、ちょっとちがいます。男は「自分の母ちゃん」を彼女に投影しているのではなく、「すべての男は、自分にとっての女神を求めている」ということです。

女神とはいかなる人物か?

男にとっての「女神」とは、まず、精神的に安定感のある女性のことです。

ちょっとやそっとのことで大騒ぎしたり泣いたりしない女性のことです。

ほら、お母さんが情緒不安定だと、息子も情緒不安定だったりするでしょう?

反対に、お母さんがちょっとやそっとのことで騒がず、「まあ、あなたの好きなことをすればいいのよ。あなたが勉強しなくてその結果成績が悪かっても、それはあなたの責任でしかないのだから」なんて鷹揚なことを言うお母さんの子どもって、わりと精神的に安定しているでしょう?

すべての男は、自分にとっての女神を求めているというのは、そういうことです。

言い方を変えると、すべての男は「女性のイデア」を求めているということです。

女性のイデア

イデアとは「完全なかたち」といった意味の言葉です。

女性のイデアとは……精神的に安定していて、わりといつも元気で明るい女性像、です。

彼の心の中には、女性のイデアがいます。その「理想像」と、現実のおしりちゃんのふるまいに差異がある、その差異に、彼は戸惑い、勃起しないのです。

がしかし、このことは、彼はおしりちゃんのことがあまり好きじゃないことを意味しません。

彼はおしりちゃんのことが好きです。

でもしかし、自分でもどうしようもないくらい、「女性イデア」が、彼の心を(脳を)支配してしまっているのです。

なぜなら、おそらく、彼はこれまでの人生において、「イデア的な女性」に恵まれてこなかったからでしょう。

あるいは、初恋の女性が、彼の頭のなかで、圧倒的にイデア的存在になってしまっていて、彼の心がそこに幽閉されてしまっているからでしょう。

解決法はひとつ

では、解決法は?

あらゆるテクニックを駆使して、彼のを勃起させてヤッてしまうことです。テク……男だって乳首が感じるとか、ローションでコネると気持ちいいとか、いろいろなテクがネットにありますね。そういうのを駆使して、どうにか勃起させ、セックスする。

つまり、彼の心身に「イデア」という幻想ではなく、「今ここ」という感覚を覚えさせるということです。

ほかに解決法は……ないと思います。

男にとって「女性のイデア」とは、圧倒的な存在だからです。

なにも、現実のおしりちゃんのことが嫌いじゃないんですよ。そうではなくて、彼は幻想に生きているから、圧倒的だということなのです。

ようするに、彼は「今ここ」を生きていない。過去と未来という「まぼろし」を生きている。目の前に美しい肉体を伴って存在するおしりちゃんを見ているようで、彼はまぼろしを見ている。だから圧倒的なのです。

これは彼に限ったことではありません。多くの男に共通して言えることです。

だから、恋愛とは、実際には、女性が男性を引っ張っていかないとどうにもならないのです。

幻想に生きる人と、「今ここ」を生きている人、どっちが強いかと言えば、当然、「今ここ」を生きている人でしょう?

あらゆるテクを駆使して、彼の心身に「今ここ」を植えつけてあげてください。それで彼はセックスに狂うようになるかもしれませんが、でも、彼の人格形成においても非常に重要だから。まぼろしと共に生きても、ろくな人生にならないのは、火を見るより明らかだから。

がんばってください!

 

(ひとみしょう/作家・キルケゴール協会会員)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

ひとみしょうお便り募集

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?
恋愛、結婚、人間関係、人生など、女性の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!
たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • エッチの時に勃たなかった彼・・・どうすれば?【ひとみしょうの...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。