大人女子のためのWebメディア
検索
2021年09月12日更新

なぜか好かれる女性の秘密!「モテる女性の会話力」とは

あの人なんかいいよね…。モテる女性の会話力とは

メイクやファッションが男ウケするというわけではないのに、なぜか好感度の高い女性っていますよね。そういう女性は、会話を通じて男性の心をつかんでいるのです。そこで今回は、モテる女性の会話力について考察します。

言葉尻を工夫する

あなたが何かを話したあとに相手がキョトンとした表情をしていたとします。この状況では「いま私が言ったこと、わかった?」と思わず聞きたくなりますよね。しかし話相手から「わかった?」と聞かれると、それを言われたほうはちょっと小バカにされたような印象を抱くことがあるのです。

 

その一方でモテる女性は言葉尻を工夫することができます。相手がキョトンとしていたら「いま私が言ったこと、わかりにくかったかな?」と質問するのです。

「わかりにくかったかな?」という言葉尻にすれば自身の話し方に責任を感じているような印象を与えることができるので、上から目線になることはありません。モテる女性は相手のプライドを傷つけない言葉尻をマスターしているのです。

質問する前に、まず相手を褒める

素敵な男性と出会うと「趣味は何ですか?」や「休日は何をしていますか?」などと質問したいことが次々と湧いてきますよね。でもどんな男性でも、出会ったばかりの女性から矢継ぎ早に質問されると、多少は警戒心が生まれるものです。

 

そこでモテる女性というのは、質問する前にまず相手を褒めることを心がけています。「すごい鍛えてるんですね!なにかスポーツをされてるんですか?」や「ジャケットおしゃれですね!普段どんなところで買い物するんですか?」といった聞き方をするのです。

褒め言葉の中に質問する理由を含ませておけば、唐突感がなくなりますし警戒心が生まれることもありません。モテる女性は褒め言葉を質問につなげる会話力で、相手の心を開かせているのです。

相手の話し方や会話の内容に応じて声のトーンを変える

どんなに声がかわいい女性でも、常に同じ声のトーンで話していては“モテ”につながりません。

「あの人なんかいいよね…」と思わせるためには、相手の話し方から息づかいを感じとって自身の声のトーンを変えていく必要があるのです。

悩みや秘密を打ち明けられたときは、その深刻度に応じてトーンを落ち着かせましょう。ハキハキと話す相手を目の前にしたときは、テンポのいい明るめのトーンを心がけましょう。

 

声の大小をしっかりコントロールできている女性は多いですが、声のトーンまでちゃんとコントロールできている女性は意外に少ないといえます。

声のトーンを合わせられるということは相手を尊重していることの表れでもあるため、モテる女性の会話力として欠かせない要素になっているのです。

会話にひと手間加えて印象に残る女性になる

会話中に絶妙なタイミングで相槌を入れることも大事ですが、それだけだと「あの会話、楽しかったな」で終わってしまいます。

「あの人なんかいいよね」という印象を相手に残すには、会話にもうひと手間加える必要があるのです。今回紹介した会話力が、そのもうひと手間です。実践してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。