大人女子のためのWebメディア
検索
2021年08月27日更新

【恋の7秒ルール】って?男性が「恋」に落ちる秘密の法則

【恋の7秒ルール】って?男性が「恋」に落ちる秘密の法則

「恋の7秒ルール」を知っていますか?これは、「人が恋に落ちる脳のメカニズム」にもとづいたルールであり、そのルールに則った恋愛テクニックでもあるのです。

恋の7秒ルールをチェックして、早速恋愛に実践してみましょう!

「恋の7秒ルール」って何?

「恋の7秒ルール」とは、相手と7秒間見つめ合うことで恋が発生することを言います。

脳は、感情から行動が生まれたのか、行動から感情が生まれたのか区別ができません。例えば、仕事でお客さんに笑顔を作っていると、本当に嬉しい気持ちになることがあります。やりたくない掃除を始めたら、なぜか色々なところを綺麗にしたくなることもあるでしょう。それは、見つめ合う行動にも同じことが言えます。

 

好きな相手だから見つめ合うのですが、見つめ合うことで相手が好きだという気持ちが生まれることもあるのです。そのため、もともとの好意の有無とは関係なく、7秒見つめ合う行動から「好き」の感情が生まれるのが、「恋の7秒ルール」の原理になります。

恋の7秒ルールを使う方法

「恋の7秒ルール」を恋愛テクニックとして使うの方法はとてもシンプルです。「意中の男性と7秒間見つめ合う」だけでいいのです。もちろん、普通に接していては7秒間も見つめ合うことはそうありませんよね。そのため彼と見つめ合うには、少し意図的に見つめ合うための状況を作る必要があるでしょう。

(1) 距離をとって見つめる 

まだあまり親しくなっていない男性が相手ならば、ちょっと離れたところから相手の目を見つめ続けてみるのもひとつ。近い距離だと7秒間見つめ合うことは難しいですが、距離があれば見つめ合える確率はグッと高くなります。遠くから視線が合っている場合は、距離があるため「恥ずかしい」と思う気持ちが弱くなるからです。

これは、別の人を交えて会っているときにも、使える方法でしょう。自分の視線に相手が気づき、見つめ返してくれたときは、そのまま会話を続けてみましょう。

(2) 待ち合わせのタイミングで見つめる 

恋の7秒ルールを使うタイミングは、待ち合わせのときにも有効です。

例えば、待ち合わせ場所で会う際に、遠くにいる相手に気がついたら、ずっと見つめ続けてみましょう。相手がそれに気がついてくれれば、見つめ返してくることが多くなるため、距離が接近するまでの時間、2人は見つめ合うことができます。この瞬間は、ゆっくり歩いて近づくのもコツでしょう。また、お互いの顔や髪の話をするときも、恋の7秒ルールを利用するチャンス。顔や髪の話をしていれば、自然と相手と目を合わすことができるでしょう。

 

感情から行動が生まれたのか、行動から感情が生まれたのかを脳が区別できないため、7秒間見つめ合うことで人は恋に落ちる…というのが「恋の7秒ルール」です。

ちょっと工夫をすれば色々なシチュエーションで、意中の男性と7秒間見つめ合うことは可能です。恋愛テクニックのひとつとして、ぜひ試してみてくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。