大人女子のためのWebメディア
検索

ダメ押しの一手!「片想いを終わらせる」アプローチ4つ

ダメ押しの一手!「片想いを終わらせる」アプローチ4つ

ほぼ両想いの関係に見えるのに、なかなか告白してくれない男性もいますよね。そんな友達以上恋人未満な片想いを終わらせたいときには、自分からアプローチしてみるのも大切です。

1. 結婚の話題を振ってみる

片想いを終わらせるためのアプローチの一つが「結婚について話題をふってみること」です。

告白してくれない男性が本当に自分に想いを寄せてくれているなら、こちらが結婚生活の話題を出すことで、脈ありだと感じ取ってくれるでしょう。男性は結婚の話題を出されると、自分も結婚相手の候補に入っているのでは…と思うようなります。

 

男性にとって、どんなにいい雰囲気の相手であっても、告白のタイミングを見極めるのはとても大変です。また、男性は傷つくのを恐れるあまり、確実に脈ありと感じたときしか告白を決意しません。そのため、きっかけ作りとして、こちらから結婚の話題を持ちかけてみましょう。

2. 告白しやすいお膳立てをする

片想いを終わらせるために男性から告白してもらいたいのであれば、男性が告白したいと思えるようなシチュエーションを作ることも必要です。男性にとって告白するシチュエーションを作ることは、かなり難しいのです。

 

女性に心から喜んでもらえるようなシチュエーションがわからなかったり、断られるリスクが少ないシチュエーションにしたりしようとすると、思い悩んでしまう男性も多いのです。

デートで夜景の美しい場所へ誘ったり、二人きりの空間が作れる静かな場所で食事をしたいと伝えたり、こちらからお膳立てすると男性も告白がしやすくなります。

3. 嫉妬心を煽ってみる

男性の嫉妬心を煽ってみるのも、男性に告白を決意させる手段の一つです。男性は「告白しなければ逃してしまうかもしれない」という危機感を感じると、自分の気持ちを強く自覚して、今まで告白に迷っていた不安や悩みが吹き飛ぶことがあります。

 

そこで、あえて他の男性と仲良く話している姿を見せたり、他の男性の話をしたりしてみましょう。このままではその男性に取られてしまうかもしれない…という焦りから、彼の方から告白してくれるかもしれません。

ただ、弱気な男性の場合には逆効果になることもあるため、この方法を使う場合には相手の男性の性格をよく見極める必要があります。

4. 自分から告白してしまう

片想いを終わらせるための最終手段は、自分から告白することです。

どうしても相手の男性に告白してもらいたい!というわけではないなら、ずっと待っているかよりも、自分から告白してしまうほうが早くカップルになれる可能性があります。

特に内向的な男性はなかなか告白できないことも多いので、女性からの告白が相手を救うことにもなるでしょう。

 

男性からの告白で片想いを終わらせたいと思う女性は多いかもしれませんが、なかなか告白に踏み切れない男性は多いので、女性からアプローチをかけることが必要な場合もあります。

男性の性格に合わせてアプローチ方法を選んでいけば、カップルになってからも良い関係を築けるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。