大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十三回目。
2021年07月30日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十三回目。

それでも恋がしたいんだ!/西山繭子

 

男子シンクロ高飛込、演技終了後に飛込台の下にあるシャワーを浴びているアスリートたちを眺めては、めくるめくファンタジーな妄想をしている西山繭子です。もう変態の粋です。水球・男子予選リーグの録画予約をしているあたりも抜かりがありません。

 

4年に1度、世界中の鍛えぬかれた身体を愛でる祭典、それがオリンピックです。そこに不健康なサブカル要素なんて入れようとするから、ごたごたするのですよ。大切なことは、心身ともに健康であること。これは私が人に「好みのタイプは?」と訊かれた時の答えでもあります。

 

「心身ともに健康な人」すごく簡単そうに思えて、とても難しい。男の子の方が女の子よりも身体が弱いと子どもの時によく言われますが、これは大人になってからもそのようで、男の人の方が圧倒的に風邪をひきやすく、そして絶望的に胃腸が弱い。焼肉や辛いものを食べると、だいたいおなかピーピーになりますよね。これはストレスや不摂生も起因していると言われますが、じゃあ、そこから見直せば良いのではないかと思うのです。

 

この春にメニエール病と診断を受けた時、これを繰り返し発症させないためにはどうすれば良いかを考えました。一番大きな要因はストレスなので、自分がストレスに感じることをまずは紙に書き出しました。「彼氏ができない」「痩せない」「ZOZOで買い物ばかりしているマンションの住人が、資源ごみの日にZOZOの段ボールを箱の状態のまま捨てる。くずせ、バカ」うーん。どれもこれも解決しがたい問題。3つ目にいたっては己の努力ではどうにもならないことだし。

 

それ以外には「休日にくる仕事のメール」「ネットにはびこるどうでもいいニュース」「度を越した食事の誘い」などがありました。これらは全て『スマホの電源を切る』で解決。ずいぶんと雑な解決方法ではありますが、今のところ有効です。

 

コロナ禍で遊びに行けないことも相まって、早寝早起きで朝の筋トレとウォーキングも続けているので身体の健康は保てています。でも、もっと上を目指したい。これは私のような単純な人にありがちですが、オリンピックを見ていると身体を鍛えたくなります。20年ぶりに競泳用の水着まで買ってしまいました。ジムなんてかっこいい場所ではなく、近所の中学校のプールで泳ぐ予定です。これまで、そこに入って行く爽やかな男性やイケメン欧米人を見かけたことがあるので、これは身体を鍛えがてら「彼氏ができない」の悩みも解決するかもしれませんね。ちなみに競泳用の水着はセパレートのおばさんタイプ。あれやこれやハミ出したりしないのでストレスなく泳げそうです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十三回目。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。