大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • また会いたくなる!「ピーク・エンド効果」を使った恋愛テク

また会いたくなる!「ピーク・エンド効果」を使った恋愛テク

また会いたくなる!「ピーク・エンド効果」を使った恋愛テク

「ピーク・エンド効果」を意識すると、好きな相手や彼氏により良い印象を残すことができるかもしれません。ピーク・エンドの法則とは何か、そして、好印象を得るための効果的な方法について説明します。

ピーク・エンド効果とは?

ピーク・エンドの法則とは、心理学者のダニエル・カーネマンが提唱したもので、人は、ある経験に対して評価するとき、ピーク(最高潮)の部分とエンド(終わり)の部分で判定するという法則です。

例えば、映画を観たとき、一番盛り上がったところとエンディングが印象に残り、それで映画の評価が決まりますが、途中に退屈なシーンがあったとしても、評価にはあまり影響しないということです。

このピーク・エンド効果を意識することで、彼に好印象を残せます。

ピークとエンド、意識したいのはどちらの方?

デートの時、彼にとってどの瞬間がピークになるのかは分かりません。久しぶりに会えた二人なら、会った瞬間かもしれません。また、一緒に笑ったときかもしれませんし、おいしいものを食べている時かもしれません。

ピーク時を作り出そうとするのは、とても難しいものがあります。また、無理して「今、楽しいよね!」と盛り上げようとすると、わざとらしくなってしまうこともあります。

 

逆に、エンドは意識しやすくなります。デートの終わりは少し疲れて、おざなりな対応になってしまうことがありますが、そうすると、デート全体が適当な印象になってしまいます。

デートの終わりには、意識して丁寧な対応をすることで、好印象を残せます。「楽しかったね」と、彼に笑顔で伝えたり、名残惜しい様子を見せるなど、エンドを盛り上げる工夫をしましょう。

具体的なピークとエンドの盛り上げ方

遊園地のアトラクションなど、行列に並んだ時のことを思い出してみてください。行列に並ぶのは退屈で苦痛を感じる人がほとんどでしょうが、自分の順番になってアトラクションに乗った後は、楽しかった、また乗りたいという評価になっているのではないでしょうか。

これは、一番盛り上がっているところと、終わりがほぼ同時に来ているので、行列に並んでいた退屈な時間は、ピークとエンドにかき消されてしまい、楽しかった印象だけが強く残っているからです。

このように、あらかじめデートのピークになりそうなことがわかっている場合は、ピークとエンドを近づけるのも良い方法です。素敵なレストランで食事をして、最高の気分のときに解散すると、楽しかったことが大きく印象に残ります。

 

また、更にエンドを盛り上げるには、次も楽しみにしていることが相手に分かるように、今日楽しかったことを伝えて、別れたら、さっさと行ってしまうのではなく、振り返ってみるのも効果的でしょう。

「ピーク・エンド効果」で彼に好印象を残しましょう

デートの間つまらない時があっても、一番盛り上がったところと終わりが良ければ相手に好印象を残せます。

もしも、ピークが良くない印象になっても、エンドを良くすることで評価を良くすることは可能です。相手に好印象を残せるように、デートの最後を大切にしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • また会いたくなる!「ピーク・エンド効果」を使った恋愛テク
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。