大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月20日更新

【実例】急激に冷めた「不倫相手からのLINE」

【実例】急激に冷めた「不倫相手からのLINE」1

不倫は禁断の関係だということもあり、ロマンチックに燃え上がりがちです。しかし、相手に盲目的に恋をしているために、ちょっとしたことで冷めるケースもよくあります。

 

今回は、不倫していた男女に「気持ちが急に冷めた不倫相手からのLINE」について聞いてみました。不倫中の方もこれを読んだら、冷静になるかもしれません。

1. いつになるかわからないけど迎えに行く

不倫相手が言う「配偶者とは離婚するから待っていてほしい」という言葉ほど信用ならないものはありません。自分勝手に盛り上がり、実行力を伴わないのに、離婚するつもりだ、と繰り返すのは、もはや「離婚するする詐欺」と言っても過言ではないでしょう。

 

「不倫が3年目になったとき、『早く〇〇ちゃんと一緒に住みたい。朝食は僕が作ってあげるから』などの夢見がちなLINEがきて一気に覚めました。この人、夢物語ばかり語っていて、実行する気ないな、と思って冷めました」(女性・30代)

 

「不倫中の彼から、『やばい。俺、〇〇ちゃんに本気になりすぎてる。このままじゃダメだ。〇〇ちゃんに不倫させられないよ。だからしばらくLINEしない。妻との決着をつけてから、全力でふたたびアタックさせていただきます!愛してるよ。いつになるかわからないけど、必ず迎えに行くから』というラインが来ました。ろくでもないやつだなと思いました」(女性・20代)

2. 配偶者へのLINEの誤爆

【実例】急激に冷めた「不倫相手からのLINE」2

配偶者に送る予定だったラインを受け取ってしまったときの衝撃は相当のものです。いつもとは違う相手の姿を見たことで、急激に覚めてしまったと言う人もいます。

 

「彼女は、夫とは家庭内別居状態だし、男として見ていないって言ってたんです。でも、旦那さん宛てのLINEが間違えて僕に送られてきたときに、彼女の言ってたことが嘘だったんだと思いました。ハートマークがふんだんに書かれていたし、どうみても仲が良さそうでした」(男性・20代)

 

「奥さんに送る『台所洗剤買って来て』というLINEが、私のところに誤爆で送られてきました。何気ないLINEだ、っていうのがつらかったです。生活を共にしているのは、奥さんなんだなと実感しちゃいましたし、すごく親しい関係だというのが伝わってきたので、勝てないと思いました」(女性・40代)

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪