大人女子のためのWebメディア
検索

男性が嫌がる!恋する女性がやりがちなLINEの特徴

男性が嫌がる!恋する女性がやりがちなLINEの特徴

気になる相手に送るメッセージは、内容によっては嫌がられてしまうこともあります。

男性に嫌がられないためにも、恋する女性がやりがちなLINEの失敗について学びましょう。

相手へのメッセージなのに自分中心な内容

男性が嫌がるLINEは多くの場合、自己中心的な内容という共通点があります。

送られてきたメッセージが自分のことばかりで、受け取った男性が嫌気を感じてしまうのです。一見すると相手を気遣っているようなメッセージも「私が○○」「私も××」のように、送った側が話題の中心になっているケースもあります。

自己中心的なメッセージは恋心が冷めるきっかけになりやすいので注意が必要です。

また、短時間に何度もメッセージを送るのも、相手の都合を考えず、自分の気持ちを押し付けるだけのわがままな女性と思われてしまう可能性があります。

憶測や先入観に満ちたメッセージ

LINEに限らず、相手とのやり取りでは根拠のない憶測や先入観を避けるのがマナーです。

事実とはかけ離れた内容の話は聞く側にとって苦痛に感じられることが多く、話す側にも嘘つきなどネガティブなイメージが生じてしまいます。

自分では楽しい話題と思っても聞く相手がそう感じるとは限りません。事実ではない内容は特にその傾向が強いため、いい雰囲気になっている相手であろうと、憶測や先入観に満ちたメッセージは送らないのが賢明と言えるでしょう。

行動を監視するようなメッセージ

恋愛をしていれば、好きな男性のことを詳しく知りたい、気持ちが自分の方を向いているのか確認したいと思うものです。そのような気持ちを抱くのは悪いことではありませんが、相手を監視するような言動は慎むべきと言えるでしょう。

相手のことを知りたいあまり、私生活を探ったり行動を監視するようなメッセージを送ってしまうのは軽率です。
男性は自分が見張られていると感じ、相手の女性に対して嫌悪感を抱くようになります。束縛から生じる嫌悪は解消が難しく、そのまま恋心が冷めてしまう可能性は高いでしょう。

相手に読ませる文章であることを意識する

LINEは自分の気持ちを簡潔に伝える便利なものですが、送った相手に読ませることまでを意識しないといけません。分かりやすいことはもちろん、相手に配慮してメッセージを作ることを心がけましょう。

感情をそのままぶつけるのではなく、事実に基づいた客観的な内容にまとめるのが上手にメッセージを作成するコツです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。