大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性が懲りずに不倫・浮気する理由とは?【ひとみしょうの男って...
2021年08月06日更新

男性が懲りずに不倫・浮気する理由とは?【ひとみしょうの男ってじつは・・・】

男性が懲りずに不倫・浮気する理由とは?【ひとみしょうの男ってじつは・・・】

浮気や不倫が直らない男性とはどのような男性なのかについて、今回はお届けしたいと思います。

結婚する約束をしているあなたの彼氏は、じつは浮気(不倫)癖を持っている?かもしれませんよ。

女子のイデアを追い求める男性

浮気(不倫)癖を持っている男性とは、女子のイデアを追い求める男性です。

どういうことなのか?以下に解説しましょう。

 

男は心の中に「女子のイデア」を持っています。

女子のイデアとは「完全無欠な理想的な女子像」です。それはたいてい「完全無欠なる母親像」とイコールです。やさしくて、ほんわかした雰囲気で、あたたかくて、といった女子像のことです。

端的に言うと「やわらかい・まるい・あたたかい」。この3つの要素を兼ね備えている女性が、男性が心の中に持っている「女子のイデア」です。

なぜそれを持っているのか?

わかりません。

なぜか、気がついたら持ってしまっているもの、それが男にとっての女子のイデアなのです。

「他にもっと理想に近い女子がいるはず」

イデアに近い女性と出会って結婚することになった場合、彼は喜悦します。ようやっと理想の女性に出会え、その女性が自分のものになると思うからです。

しかし、その「俺にとってイデアっぽい女子」は、ときに怒ります。わがままを言います。人間だから当たり前ですが、彼にしてみれば「非イデア的な女子」に直面します。

すると彼は、「彼女のことは好きだけど、彼女は完全無欠なる女子のイデアではない。もっと他に完全無欠なる女子のイデアに限りなく近い女子がいるはず」と思います。

だから彼は、彼女を置き去りにして、他の女子に当たります。ようするに浮気(不倫)相手を探します。

彼の無自覚さ

彼に「自分の理想に限りなく近い女子のイデア」を追い求めているとの自覚はありません。彼は単に「やわらかい・まるい・あたたかい」ものを求めている、との自己認識しか持っていません。ようするに「なぜかつい、女子のおっぱいに目がいってしまうんだな」とか「なぜかつい、女子のお尻を追いかけてしまうんだな」といった気持ちしか持っていません。イデアという言葉を知っている男性であっても、自己分析できるのは、せいぜいその範囲までです。

だから彼は、「俺には浮気(不倫)する癖がある。この癖が本命の彼女にバレるとヤバいな」と思います。不安な気持ちのまま結婚式当日を迎え、なに食わぬ顔で新郎としてふるまいます。

男のあきらめ

男性が懲りずに不倫・浮気する理由とは?【ひとみしょうの男ってじつは・・・】

先に書いた通り、男性は自分がなぜ「やわらかい・まるい・あたたかい」ものを追いかけてしまうのかが、自分でよくわかっていません。しかし、気づくといつも、女子のイデアを追い求めてしまう自分がいて、そういう自分に辟易しています。

 

浮気や不倫とは縁遠い感じがする往年の作家も同じです。たとえば、谷崎潤一郎は「母」をテーマとした小説をいくつも書いていますが、ああいうのは「マザコン」というよりか、女子のイデアを飽くなき追及する「正直な男像」の顕れであると言えます。

先に例に挙げた彼だって同じです。彼はマザコンというより、完全無欠なる女子像を追い求めてしまう正直な男なのです。

 

これ、イケメンの男性タレントを、なぜか、つい、ふと追い求めてしまう女子も同じです。そういう女性は「完全無欠なる理想の男子像」を心の中に持っており、その「男子のイデア」に限りなく近い男性に惹かれ続けているのです。

 

イデアとは、2000年以上前にプラトンという哲学者が言い出した概念ですが、2000年以上ものあいだ、私たちは、男女の性差に関わらず、イデアの外に抜け出ることはできなかったし、これから先もきっと抜け出れないでしょう。

男性に関して言えば、「やわらかい・まるい・あたたかい」ものを所有する女子のことを、端的に女神と感じるわけですが、男はつねに女神にもてあそばれているとの感覚の外に出られないという諦念を持っているし、これから先もずっと持ち続けるでしょう。

(ひとみしょう/作家・キルケゴール協会会員)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

ひとみしょうお便り募集

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?
恋愛、結婚、人間関係、人生など、女性の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!
たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性が懲りずに不倫・浮気する理由とは?【ひとみしょうの男って...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。