大人女子のためのWebメディア
検索

嬉しい?それとも…。「お節介女子」に対する男性の本音

嬉しい?それとも…。「お節介女子」に対する男性の本音

男性のお世話をしたがる、お節介女子。皆さんの中にも、つい駄目な男性が気になって、いろいろお世話したくなる方もいるのではないでしょうか?

男性は、そんな女性をどう思うのでしょうか。今回は、お節介女子に対する男性の本音を見ていきましょう!

「面倒なことをしてくれるのは、嬉しい!」

自分にとって面倒なことをしてくれるのは、嬉しいと思っています。

例えば、家事を自分の代わりにしてくれるのを喜ぶ男性は多いでしょう。男性にとって損がありませんから、お節介されても気にならない、むしろ感謝するというわけです。

男性が喜ぶことをしてあげるのは、一つの手かもしれませんね。ただし何でもやりすぎて、母親みたいな扱いをされることがないように気をつけましょう。苦労が増えますし、下手すると恋人として見てもらえなくなりますよ。

「縛られるなら、勘弁して!」

お節介自体はそこまで否定的ではないけれど、自分を縛るのは勘弁してほしいと思っています。自分のやることに口を出されたくない、束縛されたくないという気持ちがあります。自分にとって邪魔になるなら、困ると思っているのです。

お節介をしていると、つい男性の行動に口を出したくなりますよね。縛って、自分の思うように動かしたくなってしまうでしょう。

しかし、それはエゴであって男性の気持ちを無視することにつながりかねません。男性のことを思っていても、うまくやらないと反発され避けられてしまいますので、気をつけましょう。

「好きな子なら嬉しいけど…」

好きな子や、かわいい子ならお節介されるのは嬉しい。しかし、好きでもない子にお節介されるのは面倒臭いし、やめて欲しいと思っています。お節介行動そのものよりも、誰がやるのかが大事という話ですね。

お節介をすることで好感度を上げる方法もありますが、やはり現時点でどれくらい仲がいいのかも重要でしょう。お節介するときは相手との関係性、距離感をよく考えてから行動しましょう。

ここを間違えると、すぐに避けられてしまいますよ。

 

男性はお節介女子に対して、面倒なことをしてくれるのは嬉しい、縛られるのは無理、好きな子ならありといった本音があります。良かれと思ったことがプラスになるとは限りませんから、慎重に行動したいですね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。