大人女子のためのWebメディア
検索

【男性の本音】彼女と一緒にいる時間が減った理由

【男性が暴露!】彼女と一緒にいる時間が減った理由

男性が常に一緒にいたいと思うのが、愛しの彼女です。しかし、ラブラブな関係でもあることが引き金となり、一緒にいる時間が減ってしまうことも。今回は、男性が心の中で思う、彼女といる時間が減った理由について紹介します。

新鮮味が薄れてきた

付き合い始めというのは、ドキドキと発見の連続で、毎日がとてもハッピーです。しかし、長く付き合ってくると、新しい発見というものもなくなり、デートは行ったことのある所ばかりで、マンネリも感じやすいです。新鮮味が薄れてくると、自然とカップルで過ごす時間も減ってきてしまいます。

 

男性と一緒にいる時間を増やしたいならば、マンネリを打破することが必要です。新しい場所でデートしたり、もう一度彼を惚れさせるよう、オシャレや美容を頑張ったりすることが大切でしょう。

話すネタがいつも同じ

夫婦関係が冷え切ると、会話がほとんどなくなると言います。一緒に過ごす時間が長いと、話すネタがなくなってしまうこともあります。話すネタがいつも同じな場合、デートも盛り上がりづらく、一緒にいる時間も少なくなりがちです。

 

話すネタがないなら、聞き上手になるというのも一つの方法です。彼の話を笑顔で、大きめのリアクションをとって聞いてあげることで、彼は気持ち良くなり「もっと色んなことを話そう」と思うようになります。

安心しきっている

男性には狩猟本能が備わっており、素敵な女性を追いかけ、手に入れることに大きな喜びを感じます。しかし、関係が長くなり「彼女はもう自分のもとから離れない」と安心させてしまうと、彼もそこまで積極的に愛情を深めようとしなくなってしまうことがあります。

 

あまりに安心させすぎると、最悪の場合、彼は別の獲物を求めてしまう可能性もあるでしょう。もっと彼と一緒にいたい、夢中になってもらいたいという時は、外見や内面に磨きをかけ、彼が追いかけ続きたくなるような女性を目指すことが大切です。

仕事が忙しい

会う時間が減ったからといって、男性が女性に対する愛情が減っているとは限りません。

彼女と結婚し、一緒に家庭を持つことを考えたら、スキルを磨いたり、仕事に精を出したりすることも大切ですよね。しかし、仕事と恋愛の両立は難しく、仕事を頑張れば頑張るほど、一緒に過ごす時間というのは減っていってしまいます。

 

彼女のために頑張っているという気持ちが伝わってくるならば、会う時間が減ってしまうのも理解してあげ、彼の頑張りに対して労いの気持ちを忘れないようにしましょう。

彼の方から寄ってくる女性とは

一緒にいる時間が減る理由は、マンネリだったり、安心しきっていたり、実に様々です。まずは理由を考えることが、的確に対処するために必要です。

仕事が忙しくて会えないならば、彼にとって癒し系の彼女を目指しましょう。そうすることで、彼は仕事が忙しくても、癒されたくて彼女のもとへやってくるようになります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。