大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみ...
2021年08月16日更新

セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみません】

セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみません】

セックスとは何をする行為なのかと言っても、物理的にアレをアソコに出し入れする行為です、なんてことを言いたいわけではありません。駆け出しのウェブライターなら嬉々としてそう書くのかもしれませんが、哲学エッセイを書いて食っている45歳の男は(わたしは)、すでにそんなことを書くことに露ほども興味がありません。

さて、セックスとは何をする行為なのか?

セックスとは何をする行為なのか?

淋しさを一時的に消し去る行為です。別の言い方をするなら、自分の淋しさと対話する行為です。

どういうことか?

わたしたちは「淋しいとセックスしたくなる」といった特性を持っています。

淋しいという感情は世間では「格下」に見られているので、みなさん自分の淋しさを隠していますが、じつはその隠しているものがセックスの原動力(ガソリン)なのです。

 

なんとなく淋しいときってありますよね?たとえば、彼氏がいるのになんか淋しいという気持ち。

その「なんか淋しい」気持ちを、わたしたちはなぜか、つい、ふと、セックスによって解消しようとします。

むろん、人によっては、たとえば、「クラブで踊るだけでなんとなく淋しい気持ちは消えてくれる」と言う人もいます。しかし、そういう人であっても、始発前の渋谷の路地を歩きながら、なんとなく淋しくなって、言い寄ってきた男とそのへんのラブホに入るということもあるわけでして。

 

カップルでも同じです。

彼氏がいてもなんとなく淋しいから、彼氏と物理的につながっていたい、あるいは体温を交換っこしたい。だから、毎週のように会ってセックスしたい。遠距離恋愛なんてありえない……。

彼氏も同じです。彼女がいるにもかかわらず、なんか淋しい。だから毎日オナニーしてしまう。週末に彼女と会えたら、速攻でラブホに入って、彼女が持つあたたかくてやわらかいもので硬直しきった淋しさを包み込んでもらいたい。

つまり、私たちは、男女の性差にかかわらず、なんか淋しいという気持ちを消し去るためにセックスしているということです。

「自分の淋しさと対話する行為」とはどういうこと?

セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみません】

では、本文の冒頭に書いた「セックスとは自分の淋しさと対話する行為」とはどういうことか?

裸でベッドでイチャイチャしているとき、目の前の相手の体温や声、しぐさ、表情などをしっかりと捉える人ももちろんいるでしょう。

しかし、そのような行為の奥には、自分の淋しさと対話しているという行為が、じつは潜んでいるということです。

たとえば、「彼とこうやってベッドに入るまで、わたしはなんか淋しかった。今その淋しさを彼氏に正直に言うと<淋しくて貧しい子>みたいに思われるかな。そういうの嫌だな。でも淋しかったのだから、それをいま全部彼にぶちまけちゃえ!」と思って、実際にそうした結果、彼があなたのことをしかと抱きしめてくれた。そのとき彼女は「なんか淋しいという気持ちを彼氏に正直にぶつけてよかった」と思います。つまり、セックスという行為を通して、自分の淋しさと対話しているのです。

 

とくに男子は、その傾向が顕著です。なぜなら、男子は「頭の中で<あの子>を思い浮かべつつセックスする」ことがあるからです。

目の前にいる彼女ではなく、頭の中にいる、たとえば「ヤラせてくれなかったあのかわいい女子」を思い浮かべつつセックスするからです。

その「ヤラせてくれなかったあのかわいい女子」というのは、すなわち、彼の心の中にいる「淋しい自分」のことです。「あの女子こと」という記憶とは、自分の心に巣食う未完結の物語、つまり、淋しさのことだからです。

隠れてコソコソとセックスする理由

セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみません】

以上のことから、セックスとは、淋しさを一時的に消し去る行為です。別の言い方をするなら、自分の淋しさと対話する行為です。

女子はよく「セックスで彼氏の愛を感じる」と言いますね。それは大きく見れば間違いではないでしょう。

しかし、より精緻に見れば、セックスとは、男子も女子もともに、「自分の」淋しさを消す行為であり、「自分の」淋しさと対話する行為、つまり「エゴの塊」なのです。

だから、みながセックスの相手に飢えているとき、ひとりだけセックスしたら周囲からの反感を買うのです。

「わたしのエゴは解放されず苦しい思いをしているのに、お前だけエゴを解放しやがって」と思われるのです。

みなさん、そのことを言語化しない(できない)だけで、じつはそのことを知っているから、だから隠れてコソコソとセックスするのです。

最後に余談ですが、これからますます「なんか淋しいです」と言えない世の中になっていくので、ますます隠れてセックスする人が増えるように思います。ホントは「ぼくは/わたしはなんか淋しいんだよね」と堂々と言えば幸せになれるにもかかわらず。

 

※参考 ひとみしょう『自分を愛する方法』玄文社(2020)

 

(ひとみしょう/作家・キルケゴール協会会員)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

ひとみしょうお便り募集

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?
恋愛、結婚、人間関係、人生など、女性の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!
たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • セックスとはなにをする行為なのか?【ひとみしょうの余談ですみ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。