大人女子のためのWebメディア
検索
2021年09月23日更新

女性からの逆プロポーズ!失敗しないための秘訣とは

女性からの《逆プロポーズ》!失敗しないための秘訣とは

プロポーズといえば、男性から「結婚してください」と求婚されることを想像しますよね。けれども、カップルの数と同じくらいプロポーズの形も様々です。彼氏からなかなかプロポーズされない…だったら自分から!という女性だっているのです。今回はそんな、『女性からの逆プロポーズを成功させる秘訣』を紹介していきます。逆プロポーズを成功させるためにも、チェックしてみてくださいね。

ふたりの関係性と彼の性格をよくリサーチしよう

彼への逆プロポーズを決めたときにまずするべきなのが、今の二人の関係性と彼氏の性格を把握することです。例えば、自分だけが結婚を考えていて、「どうしても彼と結婚したい!」という気持ちを抑えきれずにいる場合…結婚を持ち掛けても、まず間違いなく結果は残念な方向へと導かれてしまいますよね。逆プロポーズを失敗しないためにも、以下の3つの気持ちを彼が持っているかどうかは重要になってきます。

 

・結婚に前向きかどうか

・自分といることに幸せを感じているか

・結婚そのものに憧れがあるか


もし、彼がこの3つをクリアしているのであれば、彼女からの逆プロポーズを喜んで受け入れてくれるはず!

 

また、彼がシャイでプロポーズしたくてもできない性格や、どっちつかずな優柔不断な性格であれば、こちらから逆プロポーズすることによって、彼の結婚への決意が固まる可能性は高いです。彼の判断を待つよりも、自分から舵を切ってしまった方が結婚へのスピードは上がるでしょう。

プロポーズの言葉はどんなのがいい?

男性だと、シンプルに「結婚してください」でOKですが、女性からだとズバリ言うのはちょっと恥ずかしさがあるかもしれません。また、男性が『結婚』という言葉に責任や重さを感じてしまうこともあるでしょう。

 

そんなときは、「一緒に幸せになろうよ」という言葉が、彼のプレッシャーを和らげてくれることがあります。『一緒に幸せになる』という言葉の中には、「協力し合いましょう」という意味合いがあるため、男性も結婚生活を前向きに捉えやすいのです。

逆プロポーズで気をつけたいこと

彼氏に対して「今すぐ結婚して!」と急かすのは、絶対にやってはいけないことです。

結婚を急かされるとどうしても逃げたくなるのが人間の心理。心理学では『心理的リアクタンス』と言います。彼女が結婚を持ち出しぐいぐい押し付けてくると、自由を取り戻そうとする男性心理が働いてしまうのです。結果的に、「いやまだ結婚はしたくない」「結婚は考えてない」などと言われてしまう可能性は高くなります。

 

逆プロポーズを失敗させないためには、彼と自分の関係性と彼の性格を把握しておくこと、そしてプロポーズの言葉や、結婚を急かさないことも大切になってきます。

このポイントをしっかりと覚えて、いつどんなタイミングで彼にプロポーズするかを考えるようにしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。