大人女子のためのWebメディア
検索
2021年09月22日更新

年齢だけが原因?「年下彼氏」とうまくいかない理由

年齢だけが原因?「年下彼氏」とうまくいかない理由

彼氏の年齢が下の場合、世代によって変わる価値観や常識の違いでうまくいかないこともあるでしょう。年下の彼とうまくいかないと感じたときは本当に年齢差だけが問題なのか、立ち止まって考えてみることが大事です。今回は、年下彼氏とうまくいかない理由を紹介していきます。

ライフステージの違いが大きい

現在同じような環境にいたり、将来の目標が似ていたりすると、年齢差は二人の障害にはなりにくいです。もちろん、いつまでに結婚したい、子供が欲しい、今は仕事を頑張りたいなど気持ちのズレはあっても、結果的に同じ将来像を抱いていると、どこかで落としどころが見つかりやすいからです。

 

一方で年齢は関係なく問題が起きやすいのが、生活の違いがありすぎる場合です。

初めはそれが大きな刺激となって「年齢差なんで関係ない!」と惹かれ合いますが、やがて「やっぱり年齢差があるとうまくいかない」となってきます。でもそのうまくいかない原因は年齢のせいではなく、ライフステージが違うから。

 

将来は暖かい家庭を築きたいと思っている人と、ノマド的な生活をしたいと思っている人では、どうしても付き合い方が相容れられなくなってしまうでしょう。また、自分の基盤となる生活レベルが似ているかどうかでも同じことが言えるでしょう。

年齢差で体の相性が合わないことも

年齢差があると、価値観やギャップといったズレではなく、体の相性にズレが出てくることもあります。若い方がどうしても性欲は旺盛になります。新しいことにチャレンジしてみたいといった意欲もあるでしょう。しかし一方で年齢が進んでくると、性欲も体力も衰えてくる現象が起こります。

 

一般的に女性は年齢が上がるほど性欲が増すとは言われていますが、それに身体がついてくるかは別問題です。お互いに求めることが違って、体の相性の悪さを感じることもあります。

年齢差を気にしすぎるとぶつかりやすい

年齢差があればるだけ、その差はどうしても気になってしまうでしょう。しかし、実際はそこまで年齢差は関係なく、二人の価値観や人生の目的に大きな違いがなければ、彼と付き合っていくことはできるのです。

ただ、本当は価値観に大きなズレを感じたときに「やっぱり年齢差があるから…」と思っていては、二人の関係はうまくいきにくくなってしまいます。

 

同世代でも価値観のズレや意見の衝突はたくさんありますよね。そこに年齢を絡めて「年下だからうまくいかない」と思ってしまうと、本当の問題に気がつけなくなってしまいます。そうなると二人の溝は修復がしにくく、どんんどんと深まってしまうことになるのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。