大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「男女平等なセックス」は実現可能か?【ひとみしょうの余談です...
2021年08月23日更新

「男女平等なセックス」は実現可能か?【ひとみしょうの余談ですみません】

「男女平等なセックス」は実現可能か?【ひとみしょうの余談ですみません】

久しぶりにセックスについて書こうと思ったのですが、この仕事を10年も続けているとたいていのことは書いており、同じことを書くのは苦痛なので書きたくありません。わからないことを書きながら考えて答えを導き出すことにしか興味がないので。

というわけで、男女平等が叫ばれている今の世相とセックスをからめて、「男女平等なセックスは可能か?」という問いについて、以下に一緒に考えてみたいと思います。

ヤラせてあげる女子、ヤラせていただく男子

セックスの基本は「ヤラせてあげる女子、ヤラせていただく男子」です。つまり、立場的には女子がつねに上。男子は下から仰ぎ見るようにして「お願い」しないといけない。

たとえば、マッチングアプリで「相手」を探すときもそうです。

女子は無料で相手を選び放題。対して男子は、課金して必死の思いで相手を探すしかないし、探したところで相手にNOと言われたらそれで終わり。さらに課金して……。

カップルにおいても、セックスは女子が立場が上です。彼女が「今日は気分が悪いから帰る」と言えば、彼氏は泣くしかありません。

 

「彼氏が無類のセックス好きで困る」といった悩みを持つ女子がいますが、これは「本来は女子が立場が上」であるにもかかわらず、現実的には下になっている、つまり本質と現実とが倒錯している、そのことに戸惑っている、というのが悩みの主旨だったりします。

というわけで、ここでは、セックスの基本は「ヤラせてあげる女子、ヤラせていただく男子」という構造を前提として話を進めます。

セックス大好き女子について

では、なぜ、セックスにおいては、女子が立場が上で、男子は下なのでしょうか?

直観的に誰もが思い浮かべる答えは、需要と供給のバランスでしょう。

男子は「つねにセックスしたい」。女子は「まあまあしかしたくない」。すると、つねにセックスしたい人が、まあまあしかセックスしたくない人にお願いするしかない。つまり、必然的に、女子が上で男子が下になってしまう。

 

しかし、そう答えてしまうと、セックス大好き女子について説明がつかなくなってしまいます。すなわち、男子並みかそれ以上にセックスしたい女子が世の中には一定数いるわけですが、そういった女子だって「ヤラせてほしければ西麻布の寿司屋でシャンパン開けてからにしてよ」なんて言ったりするじゃないですか。そしたらそれを聞いた男は「よし、わかった」と言って、実際にそうして、10万円のお会計を済ませ、やっとこさホテルに向かうじゃないですか。

男女どちらも同じほど「したがり」である場合も、なぜ女子のほうが立場が上なのでしょうか?

男は女子のことを女神と認識している

「男女平等なセックス」は実現可能か?【ひとみしょうの余談ですみません】

答えは、男は女子のことを女神と認識しているから、です。

つまり、今これを読んでくださっているあなたは女神なのです。

では男たちはなぜ、女子のことを女神と認識しているのかといえば、温かくて丸くてやわらかいものこそを、この世における最高のものと認識しているからです。

温かくて丸くてやわらかいもの、すなわち女子の身体と、女子の存在自体が持つ雰囲気こそを、至上のものと認識しているからです。

対照的に、男が持つ身体や、男という存在そのものが持つ雰囲気は、いわば「ありふれたもの」です。無料でそのへんの転がっているもの。下手したら「邪魔」と言われるもの。ようするに男はみな「平民」なのです。

女神と平民がセックスをめぐってヤル・ヤラないで揉めた場合、どうなるのか?

平民がへりくだって(場合によっては土下座して)「お願いだからヤラせてください」と言うしかないじゃないですか。

それをしないで、たとえば、女神にバレないように女神のお尻を盗むように触る、つまり痴漢をすれば、女神の逆鱗に触れ、逮捕されます。

男女平等なセックスなんてありえない

というわけで、男女平等なセックスなんてありえないのです。

セックスにおいてはつねに、女子が上、男子が下です。

セックスに限らず、あらゆることに共通して言えることは「立場が上の者は、下の者にやさしく」ということです。

だから、お願いですから、「ヤラせてください」と正直に言う平民に向かって「きも~」とかと言わないでもらいたいのです。

「あなたもセックスできなくて大変なのね(私たち女子はべつに大変じゃないけど)」くらいの発言にとどめておいていただけませんか?

 

(ひとみしょう/作家・エッセイスト)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

ひとみしょうお便り募集

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?
恋愛、結婚、人間関係、人生など、女性の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!
たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「男女平等なセックス」は実現可能か?【ひとみしょうの余談です...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。