大人女子のためのWebメディア
検索

初の年下彼氏!リードしてあげたい4つのポイント

初の年下彼氏!リードしてあげたい4つのポイント

リードというのは必ずしも男性がおこなうものではありません。年下彼氏ができたときをはじめ、時には女性から積極的におこなうほうがいい場面もあります。しかし、そうは言っても、どんなときにどのようなリードをしたらいいのでしょう?

ここでは、年下男性にリードしてあげたい4つのポイントを紹介します。

相手の意見を聞く機会を設ける

年下の彼氏よりもあなたのほうが恋愛経験が豊富で、彼をリードする形になることが多いかもしれません。ですが、すべてをあなたが決めてしまうのは避けたほうがいいでしょう。

年下彼氏からすると、「意見を聞いてくれないのかな?」「子ども扱いされている」と思って、対等な関係ではないように感じてしまいます。

年下彼氏に対して「あなたはどうしたい?」「こういうのどうかな?」と意見を求めることをおすすめします。一人の男性として向き合ってくれていることに、嬉しさや愛情を感じるはずです。また、一緒に考えているという一体感が二人の絆を深めてくれますよ。

メリハリをつけて甘えさせる

男性が年上女性に魅力を感じるポイントとして、やはり「包容力」は上位を占める要素です。と言っても、どんなときでも好きなように甘えさせてしまうと、年下彼氏があなたにただ依存しているだけの状態に陥いるリスクが生まれてしまいます。

重要なのはメリハリをつけて甘えさせることです。例えば、普段は年上らしくキリっと凛々しく彼氏と接する一方で、二人きりのときは彼氏に思いきり甘えさせてあげるようなギャップを作るのも手です。アメとムチの使い方を日ごろから意識しておくといいかもしれせんね。

注意や指摘はソフトにする

あなたのほうが人生経験を積んでいる場合、年下彼氏よりも世の中の常識やビジネスマナーを心得ているはずです。彼氏が何かを間違ってしまったときには、きちんとそれを諭してあげることも必要です。

ただし、面と向かって「それはしてはいけはない」「そんなことも知らないの?」と強めの言葉を口にするのは厳禁です。

年齢の差も相まって、彼氏が委縮したり、プライドが傷ついたりしないよう、禁止や否定の表現ではなく、「こうしたらもっといいんじゃない?」のように提案や助言を意識してみましょう。

自分から愛情表現やスキンシップをする

「年下」ということが、コンプレックスになっている場合もあり、年上の彼女がいつか同年代の男性に心変わりしてしまうのではないか?という不安を抱えていることもあります。

あなたといる時は堂々と落ち着いた雰囲気をまとっていても、心のどこかで劣等感を隠していることもあるでしょう。そんな彼氏の不安を包み込むように、あなたのほうから「好き」と気持ちを伝えたり、スキンシップを取ったりして、愛情表現をリードしてあげることも必要です。

彼女の愛情を感じることができれば、年下彼氏も自信を取り戻すことができるはずです。自分からも愛情を伝えようというモチベーションにもつながります。

 

年齢の違いによる注意点があるのは事実ですが、恋愛において最後に重要になるのはやはり信頼関係です。彼氏をリードするコツも、信頼関係があってこそはじめて活きるということをお忘れなく。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。