大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月03日更新

セカンドLOVE…「遊びが本気になった」不倫男性の本音

セカンドLOVE★「遊びが本気になった」不倫男性の本音

不倫は必ず誰かを傷つけてしまう、悲しい恋愛だと思います。

でも人を好きになる事は、必ずしも悪い事ではありません。その気持ちの狭間で苦しみ不倫を続けてしまうのは、女性だけではなく男性も同じみたい。

セカンドLOVE・・・人生2回目の本気の恋をしてしまった男性が、どうして本気になってしまったのか、そしてその後どうなってしまったのか。

今回は、ある男性Yさんにお話を聞いてきましたので、不倫の始まりや終わり、本気になったきっかけや、不倫が終わったきっかけなどを書いて行きます。

奥さんとのセックスレスが、不倫のきっかけ

Yさん(37歳)結婚10年目。7歳の子供を持つ、笑顔が優しく、穏やかで紳士的な印象。そんなYさんが不倫を始めたきっかけは、奥さんとのセックスレスが原因だったそうです。
子供が出来てから、奥さんが子育てに一生懸命になり、また共働きということもあってお互い忙しい状態。「俺から求めたことも何度かあったのですが、何度も断られ、なんかもう誘うのも億劫になって、そのうちしなくなっちゃいました」

セックスレスから4年経った状態で、寂しさを覚え始めたYさんが手を出したのが、出会い系アプリ。そこで、不倫女性Nさん(28歳)と出会います。

最初は1回出来ればラッキーという、遊びの気持ちだった

セカンドLOVE★「遊びが本気になった」不倫男性の本音

Yさんは最初、出会い系アプリなんて遊びだし「1回ヤレたらラッキー」と考えていたみたいです。Nさんはどこにでも居る地味目なOLで、彼氏も4〜5年いないという状態の女性だったそうです。
当時、Yさんは奥さんと別々のお財布だったそう。そのためデート費用はYさん持ちで、デート費用には特別困らず、普通に何度か食事を重ね、体の関係に。
しかし、最初は1度遊べたらラッキーだと考えていたYさんの考えが、体の関係を重ねるうちに変化しはじめます。

家庭では感じられない、トキメキや安らぎ

「Nさんはとても聞き上手な子で、俺の仕事の愚痴や他愛もない冗談なんかも笑って聞いてくれて。なんかそういう姿に段々癒されている自分に気が付いて、彼女と居る時間がとても大切に思えてきてしまったんですよね」と、Yさんは懐かしそうに話してくれました。
「男としての、充実感というのもありました。求めてもらえる感じというか、奥さんには正直邪魔だからあっちいって!というような態度を取られていたので…」家庭に帰ると子供と奥さんが居て、それはそれで幸せだけれど、家庭のなかで疎外感を感じてしまっていたYさんにとって、Nさんは癒しになっていたようです。

段々と、のめり込むYさん

セカンドLOVE★「遊びが本気になった」不倫男性の本音

気が付けば、YさんはNさんに段々とのめり込んでいくようになります。「LINEを送り合い、会社帰りに立ち飲み屋で合流して、1杯飲んで帰宅するなんて日常が楽しくてたまらなかった」とYさん。
でも、そんな日々は長くは続きませんでした。Nさんとの楽しい日々が半年ほど続いた時、奥さんに、NさんとのLINEでのやり取りがバレてしまったからです。

奥さんはかなり激高し、Yさんを責めたようです。「子供がいるのに・・・。私は仕事も家事もして子供の面倒も見て、それなのにあなたは女にうつつを抜かして!と言われました。全くごもっともだと思いましたよ」

隠れてNさんと密会

奥さんにバレた後も、YさんはNさんに連絡を取ったといいます。Yさんは、Nさんのことを本気で好きになっていたので、もう必死で奥さんの目を盗み、時間を作り、何とか会ったそうです。
でも女の勘は鋭いもので、1度浮気がバレてしまった後のYさんの行動は厳しく監視され、お金も管理されるようになり、好き勝手には遊べなくなってしまい、結局Nさんとは会えない状況に…。
Nさんにももちろん説明をしたそうですが、Nさんは不倫ということを分かっていたし、どちらかというとYさんよりもドライで割り切った考えをもった女性だったようで、あっさりと別れを受け止めてくれたみたい。

奥さんとの関係は改善しないまま・・・

不倫がバレた後、奥さんと話し合いが行われたかと言われると、特別な話し合いはなかったそうです。
感情的になり、ガミガミ不倫について怒られる事、泣かれることは度々ありましたが、具体的にどうしたら夫婦関係が良くなるかという話し合いは全くされませんでした。
Yさんが失ったものは、好きだった人と自由に使えていたお金と時間。奥さんへの愛情が戻ったかと言われると、束縛が強くなった分余計に嫌気が差し、理不尽ではあるけれど自分の大切なものを奪われたという気持ちで腹が立ち、余計に嫌いになってしまったとのこと。セックスレスが改善する事もなく、関係は余計に悪化してしまったそう。

 

「このままでは、いずれまた不倫を繰り返すと思います。副業でもして、自分のお小遣いを貯めるしかないですね」茶目っ気いっぱいにYさんは笑っていました。

好きになってしまうのは仕方がないこととはいえ、行動に移すことは正しい判断とは言えません。誰も傷つけることのない恋愛がベストですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。