大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月03日更新

「正直しんどい。」一緒にいて疲れる彼女の特徴3つ

「正直しんどい。」一緒にいて疲れる彼女の特徴とは

自分は彼と一緒に過ごすのを楽しく感じていても、彼が自分と同じ気持ちとは限りませんよね。もしかすると一緒にいるのがしんどい…と疲れを感じている可能性もあります。ここでは『男性が一緒にいて疲れてしまう女性の特徴』を紹介していきます。

1. 自己中心的な女性

自分の意見や気持ちを相手に伝えるのは大切なことです。しかし、同時に相手がどう思っているのかを聞かなければ、それはただの自己中心的な人物として捉えられてしまいます。

どんなに意思表示がしっかりしている彼女が好きでも、自分の気持ちを気にかけてくれないとなると、うんざりしてしまうでしょう。

例えば、デートはいつも自分の行きたい場所ばかりだったり、会話が自分の話ばかりになっていたり、彼の意見を聞かなかったり、自分の意見とは違うからと否定ばかりしているようなら、彼を疲れさせてしまっているかもしれません。

2. 気分屋の女性

少し前までニコニコしていたのに、突然不機嫌になってしまう…そんな気分屋の女性に男性は疲れを感じやすいです。女性からしたら、気持ちが変わるまでの流れがきちんとあるのですが、その過程が男性には伝わっていないことが多いです。

特に、ちょっとした不満を我慢してしまう女性は要注意。気持ちは口にしなければ、男性は彼女が不満を持っていたなんて思いもよらないので、急に気分が変わっただけのように見えてしまうのです。

喧嘩をしたなどハッキリとした原因がわかっていれば良いですが、男性にはわからない原因で突然テンションが下がってしまうパターンは彼も困ってしまいます。最初は男性もあれやこれやとかまって機嫌を直そうとしますが、それが頻繁に続くと、「いつものパターンか」と開き直るようになることも。

不満を限界まで溜めて彼に伝えるのではなく、都度小出しにしていった方が余計なすれ違いは起きにくくなるでしょう。

3. ネガティブな女性

友達や仕事の愚痴などを彼に聞いてもらう女性も多いですよね。自分では対処できないとき、どうしても頼りたいときなどに話を聞いてもらうことは、悪いことではありません。

彼の方も「自分は頼られている」と思うので、2人の仲もより縮まっていきます。しかし問題なのは、会う度にネガティブな愚痴や不満を話すケースです。

デートの度に仕事の愚痴や誰かの悪口を聞かされたり、疲れたなどと体調の悪さをアピールされるのは、決して気分の良いものではありません。最初は自分を頼ってくれている、自分にだけ弱さを見せてくれているとまんざらでもなかった彼も、次第に「他にもっと楽しい話はないのかな」と感じるようになり、彼女のネガティブ話に辟易してしまいます。

自分の言動を振り返ってみよう

以前と彼の態度が変わったと感じた場合、彼自身に原因があることもありますが、実は自分が原因になっている可能性もあります。日々の言動が彼を疲れさせているのかもしれません。自己中心的ではないか、気分屋ではないか、ネガティブな発言ばかりしていないか、思い当たる節があれば態度を改めていくことも大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。