大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月02日更新

「好き」を伝えなきゃ!男性が告白を決心する瞬間

「好き」を伝えなきゃ!男性が告白を決心する瞬間3つ

好きな女性がいても、告白する勇気が持てない男性も多くいます。ですが勇気が持てなかった男性が、告白しようと決心するタイミングがあります。では告白の決心がつくのは、どのようなタイミングなのでしょうか。

両想いの確信が告白につながる

男性が告白に踏み切れない理由の1つが、断られた場合のリスクを考えすぎてしまうからです。

告白して断られたら、2人の関係が悪化するリスクを考えて行動に移せない場合もあります。そのようなタイプの男性は、2人が両想いだと確信できれば告白の決心がつくかもしれません。

 

そこで男性に決心させるために、女性側から好意があることをアピールしてみましょう。さりげなく好意を口にしたり、上目遣いで見たりすることで相手に好意を伝えて、告白されやすい環境を整えられます。

一緒にいる時間を増やしたり、目が合う回数を増やしたりして好意を伝えていくのも1つの手です。

嫉妬心が男性の決心を煽る

好きな女性がほかの男性にとられると思ったら、嫉妬心から告白を決心するパターンもあります。

自分以外の男性と話しているところを見たくないという嫉妬心で決心する場合もあれば、ほかの男性にとられないようにと闘志を燃やすタイプもいます。

 

告白の決心のつけ方は人それぞれですが、恋のライバルが出現することで告白の決心がつく男性もいるという点を押さえておきましょう。そのようなタイプの男性に告白させるために、わざと恋のライバルを作ってみるのも1つの手です。

わざとほかの男性と仲良さそうに会話するだけでも、相手の嫉妬心を刺激して告白されるチャンスを作れるかもしれません。

タイミング待ちの相手にチャンスを作ろう

告白したいという思いはあっても、2人きりになるチャンスが作れずに気持ちが伝えられないパターンもあります。そのような場合には、女性側から2人きりになる機会を作ってあげましょう。

さりげなく帰り道で2人きりになったり、2人だけで食事に行く機会を作ったりすることで、告白のチャンスをうかがっている相手が気持ちを伝えやすくなるかもしれません。

 

告白できるシチュエーションを作るといっても、日常の何気ないタイミングで2人きりになる機会を増やすだけでも男性が告白の決心ができる可能性があります。

普段2人きりになる機会が少ない相手なら、ほかの方に邪魔されないタイミングさえあれば、告白の決心ができる可能性が高いのです。

 

相手に好意があっても告白の決心がつかないという男性も多くいます。例えば女性の気持ちがわからず告白をためらっている男性は、両想いだとわかれば告白の決心がしやすくなります。

告白のタイミングがつかめない相手のために、2人きりになる機会を増やして告白しやすい環境を整えることも大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。