大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「恋の賞味期限は3年」は嘘?恋から愛に発展したサイン4選
2021年10月28日更新

「恋の賞味期限は3年」は嘘?恋から愛に発展したサイン4選

恋の賞味期限は3年なんて嘘!恋から愛に発展したサイン4選

「恋」と「愛」は、相手に対して好きという気持ちがあるという意味では同じですが、大きな違いがあります。ここでは恋と愛の違いと、恋から愛に発展したサインを4つ紹介していきます。

「恋」と「愛」の違いについて

恋は特定の異性に強く惹かれて好きだと思い、ずっとそばに居たいと思う気持ちです。

基本的に自分主体で好きだと思う気持ちで、好きという気持ちが膨れ上がったり、ふとした瞬間に急激に冷めたりする不安定なものです。

一方で愛とは自分だけではなく、相手のことも大切にして支えたいと思う気持ちです。異性だけではなく家族や子ども、ペットなど幅広い対象に対して当てはまる気持ちです。愛は冷めるものではなく、不変的で安定した感情といえます。

1. 相手のためなら妥協できるようになった

相手に恋をして恋愛に発展し付き合いが始まると、多くの人は相手より自分の気持ちを優先しがちです。

例えば、何かあったときに「彼にはこうして欲しい」とか「なんで彼は私の気持ちを分かってくれないんだろう」という思いが優先されます。

しかし、相手に対する不満や要望を押し付けるより自分が変わろうと思うようになるのは、恋から愛に変わった証拠です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「恋の賞味期限は3年」は嘘?恋から愛に発展したサイン4選
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。