大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月16日更新

付き合う前でも使える!電話したい時の可愛い言い方3選

付き合う前でも使える!電話したい時の可愛い言い方3選

気になる男性との距離を縮めるために、メッセージだけでなく、電話でのやり取りもしたいと思うこともあるでしょう。でも、電話を提案するのは意外と簡単ではないのも現実です。実は、そんなときに使える可愛い口実があるんです。

「文章を書くのが苦手だから…」

気になる男性に対して、メッセージで質問や相談をしているときに使える口実です。

質問や相談の重要な部分に触れるタイミングにさしかかったら、「文章書くのが苦手だから、電話で話したいんだけどいいかな?」と提案してみましょう。流れも自然ですので、男性に警戒されることも少ないはずです。

何より、文章が苦手という部分が肝です。一般的に、男性は文章でのやり取りが苦手な人も多いですし、質問や相談が長文で来ようものならどう返信すればいいのか困惑してしまうものなのです。

 

女性から口頭でのやり取りに切り替えるよう提案すれば、「思いやりのある人だな」と好印象を持ってもらえるキッカケにもなります。

また、互いに文章が苦手という共通点が見いだせれば、親近感につながりやすいのもポイントです。

「声がいつもと違っていた気がする」

気になる男性が同じ職場にいるのなら、直接話す機会はもちろん、会議などでその男性の声が耳に入ってくる機会もあるでしょう。そうしたら、あとで男性に「いつもと声が違う気がしたけど、風邪でも引いてない?大丈夫?」とメッセージを送ってみてください。

 

もちろん、これは誘導尋問に近いので、男性は「いつも通り元気だよ」と答えるはずです。そこで「おかしいなぁ、念のため電話で声聞かせて」という口実を作るのです。

ちょっとあざといかもしれませんが、男性からすれば、自分の声の状態を気にかけてくれたこと、あとになってそれを心配して連絡してくれたこと自体は結構嬉しかったりするものです。多用するのは気が引けますが、最初のアプローチとして利用するだけなら許容範囲ではないでしょうか。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。