大人女子のためのWebメディア
検索

「彼に会いたい!」重くならずに気持ちを伝える方法

「彼に会いたい!」《重くならずに気持ちを伝える》方法

好きな人に会いたいと思っても、その気持ちを正直に伝えて、彼に「重たい」と思われるのが不安なこともあるでしょう。

そこで今回は、重くならずに彼に会いたい気持ちを伝える方法を紹介します。大好きな彼に会いたいと思うのは普通のことです。大切なのは「会いたい」という気持ちの伝え方なのです。

1. ストレートに伝える

「会いたい」という気持ちを伝えるとき、「重い」と思われることを恐れて言えなくなることもあるでしょう。しかし、意外とシンプルに気持ちを伝えた方が重いと思われずにすむこともあるのです。

男性は女性の気持ちがよくわからないときが、一番「面倒だ…」と思ってしまうことが多いです。「聞いても何も言わないけど彼女に元気がない」「なぜか彼女が不機嫌になっている」という状況が続くほうが、面倒だと思われます。

彼に会いたいと思ったときは、たった一言「会いたい」とストレートに伝える方が、男性の心には響くでしょう。

2. 寂しさをアピールする

なかなか会える時間がとれないときには、会いたいよりも「寂しい」と伝えてもいいでしょう。特に男性は仕事などに集中しているときは、女性が寂しいと感じていることに気づかない人もいます。

寂しさを伝えるときには、どんな風に寂しいのかを具体的に伝えるようにしましょう。またネガティブな言葉が並ぶと重くなりがちなので、要注意。LINEで伝えるなら絵文字やスタンプを使って、明るく、かわいらしい印象になるようにしてください。電話であれば明るいトーンで冗談交じりに伝えるのがいいでしょう。

3. タイミングを考える

会いたい気持ちを伝えるときは、タイミングも大切です。たとえば、朝の忙しい時間や深夜の就寝前に電話やLINEで「会いたい」と伝えても、男性に「今言われても、面倒だな」という印象を持たれてしまうかもしれません。

彼に気持ちを伝えるときは、相手が返信がしやすい時間帯や、部屋でのんびりしているであろう時間帯を意識するといいでしょう。

ただ、人によって生活のリズムには違いがあります。彼の手が空く時間帯がわからないときは、事前に何時頃なら電話やLINEがしやすいかは確認しておきましょう。

4. 会えたら何がしたいかを伝える

「会いたい」と伝えるだけでは、自分の気持ちが伝わらないと思うときには、会ったら何がしたいのかも一緒に伝えてみましょう。

たとえば「一緒に遊園地に行きたい」や「旅行に行きたい」と、会ったら何をしたいかを伝えることで、彼も会った後のことをイメージしやすくなります。

 

また、「手料理を食べて欲しい」「家で一緒に観たい映画がある」など、おうちデートを意識させる言葉も彼の心をくすぐります。彼が「会うのが楽しみだな」とイメージできれば、重い雰囲気にならずに会いたい気持ちを伝えることができます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。