大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月30日更新

感情は隠すべき?正直過ぎる女性に男性が思っていること

感情は隠すべき?本音暴露女子って男子からするとどうなの?

いつも感情をストレートに彼にぶつけていると、彼に距離を置かれてしまいそうだと思いませんか?でも、喜怒哀楽がなかったり、いつも笑顔だけど本音を打ち明けてくれない女性も、それはそれで、近寄りがたいと思われそうですよね?

感情を隠すべきなのか、それとも本音でぶつかっていくべきなのか、迷っている女性は是非、こちらの記事をチェックしてみてください。

マイナスな感情は直接表現しない

彼に何かしてもらえて、嬉しい!感激!そんな喜びの感情は、是非、フルスロットルで彼に直接表現していきましょう。ここで、クールを装ったりする必要は一切ありません。

でも、「それはやめてくれる?」「腹が立つんですけど」「悲しいんですけと」といったマイナスな感情を直接彼にぶつけるのは、ちょっと待った…!

そうすることで、状況が改善されるのであれば良いですが、ほとんどの場合、それをやっても何も良いことはありません。彼が気分を悪くし、結局は破局を導いてしまうだけなんです。

あなたが、本当に彼を自分のものにしたいのであれば、常に一枚ウワテでいる必要があります。

間接的にマイナス感情を表現する

あなたが、悲しんでいる姿や、怒っている姿を「間接的」に表現することで、彼に人間らしさをアピールしましょう。

たとえば、「過去にこんなことされて悲しかった」とか「人生で一番怒り狂った瞬間」などを、少しだけ感情をチラ見せしながら伝えてみましょう。

こうすることで、「普段はクールなのに、悲しんだり、怒ったりすることもあるんだな」と親近感を抱いてもらえる上、ダメージはゼロで済むので、かなりオススメです。

 

喜怒哀楽のない女性は、男性からすると親しみを覚えづらいので、ちゃんと負の感情も抱くことを伝えていきましょう。しかし、直接的にそれをやってしまうと、相手に逃げられてしまいますから、間接的に感情表現をして、共感を誘ってみてください。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。